きらきらしたものを集めたい。

主にジャニーズ、たまにアイドル。/絶賛事務所担進行形 → 主にK-POP、たまにジャニーズ、たまーーにアイドルへ移行したみたい。。

長野エムウェーブという会場について

2016年、嵐さんがアリーナツアーを開催すると発表して、日本国中が騒然となっている2015年の年の瀬。

今更ながら、2015年8月8、9日に長野エムウェーブで開催された関ジャニ∞のリサイタルに行ってきた人間としての、長野エムウェーブについての思い出を一応残しておこうかなと思います。何かの参考になるといいけど、ならなそう。
 

熱気がこもりまくる完全なる無風なアリーナ

スピードスケート用の施設のせいか、スタンド席は冷房が効いて快適な状態でも、アリーナは限りなく無風でした。1日目の公演の際、こもりきった熱気に熱中症になるかと思うくらい。2日目は1日目より冷房を強めてくれていたようですが、アリーナ(自分がいたのはどちらも後方)ではほぼほぼ変わりのない無風。メンバーが暇なタイミングで「みんなのうちわは仰ぐためのうちわなん?」って聞いてくるぐらいにはみんな仰いでたんだと思う。暑い―っていうメンバーに向けてみんなが仰いだらすごい風が起こってその時間だけ涼しくなったので無風状態だったのがよくわかるみたいな。1日目の暑さのせいか、2日目の開演前は、入場後入口の近くに1つしかない自販機にトイレより長い行列。要望があったのか、本番中にトイレに行ったら会場内でドリンクを屋台的に売っていました。

個人的にはトラウマになりそうなほど暑かったし、無風の熱気のこもり方が気持ち悪かったので、暑さ対策として、多めの水分(凍らせておいた方がいいくらい)と、ハンディの扇風機とか、冷えピタとかを持っていくことをオススメしたい。

とにかく暗い会場外

1日目、夜の時間の公演終了後、外に出て驚く暗闇。敷地内がとにかく暗い。みんな携帯で足元を照らしながら、光による誘導も拡声器による誘導もなくバスやタクシー乗り場を探してうろうろするっていう状況。携帯の充電が切れたらアウト。これは1日目なので、2日目はライト設置してもらえてたのかもしれないですが。

会場付近には時間をつぶせるような飲食店はない

グッズを買ったりした後に時間をつぶせるところはない。近くにあるのはパチンコ屋さん。コンビニは5分ちょっとくらい歩くとあった気がする。でも大きな通り沿いはわりとコンビニが少ない。できれば見つけ次第コンビニでちゃんと食料を買い込まないと軽く食べるとかが出来ない。私は1泊2日のほとんどをコンビニ飯で過ごしました。グッズ購入後、会場敷地内でレジャーシート敷いて開演まで待つスタイルの人が多かった気がしますし、お金を使わず過ごすならそれが1番良策だと思う。木陰や地下の駐車場はわりと涼しいです。

日曜日はタクシーがだいぶ減る

これは土曜日に乗ったタクシーの運転手さんに言われたこと。基本的に長野市界隈のタクシーの運転手の方、日曜を休みにしている人が多いんだそうです。人が多く来るからとて、そのサイクルを変える人は少ないんじゃないかなーって普通に言われました。実際日曜日はまぁタクシーがつかまらないことつかまらないこと。あとは、24時近くになるとまたタクシーが減ると言われました。長距離で日をまたいだりしてしまうと、次の日を休まないといけなくなるらしく、無駄な休みを増やしてしまうから動きたくないらしい。2日目、旅館に呼んでもらったタクシーの人にも「長時間動けなくなるから長野市内に入りたくない」と10分くらい会場まで行くのをゴネられたし、タクシーの方、全体的に商売っ気が薄い感じがありました。

24時間営業は国道沿いにある

リサイタル長野公演で話題になってしまった駅での野宿族。都会と違って駅周辺には24時間営業の飲食店などがとても少ないようです。タクシーで国道沿いを進んでいると結構24時間営業のファミレスとかを見かけたので、万が一乗り遅れたりしてしまった場合には国道沿いまで出るといいのかもしれません。乗り遅れないことが第一ですけども…

個人的には長野旅行を満喫しました

2日分チケットが取れたので泊まることにしたという出遅れ組だったので、長野駅周辺のホテルはもちろん全滅ということで、毎日ホテル予約サイトを3つくらい朝昼晩とパトロールして、うまいこと見つけたのは戸倉の温泉。長野駅から電車で30分くらいだし!って思って予約しましたが、結局は会場付近で拾えたタクシーで直接向かうという決断をして大正解だったと思われる。2日目も宿でタクシーを呼んでもらって、タクシーくるまで1時間くらいかかったけど、ロビーでのんびり待って会場直行。会場-宿感は10000円くらいだったけど、3人だったのでまぁ悪くないよねっていう額。

1日目グッズを買ってから開演まで3時間くらいあったので、会場からタクシーで善光寺へ。お参りをしてから、そばにある信濃美術館東山魁夷館へ。ここが超快適でした。建物も素敵だし空いてるし普通に東山魁夷の画はすごいし、喫茶的な所で静かに軽食も食べられるし。結構距離はあるけど快適な時間を過ごせたのでよかった。

宿の温泉も24時間入れる温泉で、露天まであって、3人で貸切状態で1日の疲れを温泉で癒して、畳の和室で足を伸ばしてダラダラできて、普通に旅行として快適みたいなところがあったので、リサイタルの中身に足してのフラストレーションとかもだいぶなくなったかな…みたいな感じでした。なので、正直近場のビジネスホテルよりせっかくなら温泉取った方がいいと思います…

 

とはいえ、これは関ジャニ∞のはなし

とこれをわざわざ太文字にする意味は、タクシーの人にも宿の人にも「関ジャニ∞が長野でライブをやるなんて知らなかった」って言われたんですよね。少なくとも、タクシーの人には全員。関ジャニ∞っていう存在もよく知らないくらいなので、エムウェーブに2万人近くも集まるなんて想像もしてないんですよね。そりゃ町中がパニックになるわけです。でもタクシーの人にそろって言われたことは「嵐が来るって言われたらそりゃたいへんだってなるけどねぇ」って言葉。結局、嵐さんが来る!ってなったらそらもう県レベルで万全な準備を!ってなると思います。今年の関ジャニ∞のときの反省もあるだろうし、会場内外の誘導を含めて全然違うものになる可能性の方が高いはず。

でもよっぽどの扇風機でも導入しないとアリーナの無風は解消できないと思うから暑さ対策はマジ必須課と思います。

 

嵐さんにとっても、参加される方にとっても、地元の方にとっても、楽しい思い出になることをお祈りします・・・