きらきらしたものを集めたい。

主にジャニーズ、たまにアイドル。/絶賛事務所担進行形 → 主にK-POP、たまにジャニーズ、たまーーにアイドルへ移行したみたい。。

その舞台で繰り広げられるのはまさに「夜への長い旅路」。

「夜への長い旅路」を見てきた。

3時間30分*1の濃密な会話劇。ある家族の1日を朝から夜になるまで、家のリビングだけを切り取った舞台。舞台上には少量の家具と照明と心模様にあわせて漂う霧だけ。

 

ヤク中とアル中の家族の話、というくらいの情報しか入れずに見に行った。休憩中に一緒に行った友達がWikipediaを見て「作者の自伝的な作品みたいです」と教えてくれた。観劇後にパンフレットを読んで、やっと多くのことが補完できた。

この戯曲の作者、ユージン・オニール結核の診断を受け絶望した1日を切り取った作品であり、その後の家族の人生は短く末路は悲惨なものであったこと、彼自身は療養生活を始めてから戯曲作家として成功し65歳で人生を終えたこと。

結核という診断により、家族の誰よりも早く死を間近に感じたものの、家族の誰よりも長く生き、生前から作品が評価され誰よりも地位を得て家族をも得たことは救いだと思った。けれども、その家族の誰よりも長く生き誰よりも評価された事実が、彼にとっては苦しみとなっていき、最後に家族の誰もがユージンの死を意識したこの日をこの戯曲を残したのかもしれない。ある意味ではこの日から始まった長い旅路。

死後25年は刊行するな、戯曲として上演はするなと遺志を残したが、妻によって死後すぐに刊行され、3年後にはブロードウェイで上演されピューリッツァー賞を受賞し、彼の死から68年後の今、日本で上演されている。それを観劇して、感想をしたためている、その現実を考えるとまた何とも言えない。

 

今回の演出も、書かれた戯曲に対して忠実な演出なんだろうと思う。音楽もほとんど入ることがなく、ひたすら会話で進んでいく。そのやりとりは軽妙とは言い難く、上っ面のやり取りから、どんどんと互いの愛情と嫉妬と疑念と依存と後悔と期待と絶望をぶつけ合うようになっていく。あまりにもストレートな舞台だった。正直見る人を選ぶ骨太さだと思う。

家族のなかにある愛情と嫉妬と疑念と依存と後悔と期待と絶望の感情。全員が何かに依存することで現実の苦しみや不安を麻痺させている。感じたことある人間にとっては、非常にリアリティーのある風景で、感じたことのない人間にとっては、全く理解できるものではなく、単調で苦痛に感じる風景だろう。

私はやや前者なので、冒頭から苛立ちをジョークで繕う母親の姿や、腹に溜めてきた言葉で相手を刺してはすぐにそうじゃないと謝るコミュニケーションに、ないはずの古傷が痛む感覚を感じながら見ていた。本来は母と見に行く予定だったので、母とこれを見ていたらどうにも難しい気持ちになっただろうなと苦笑いした。

 

今回はとにかく大竹しのぶという俳優の演技が楽しみだった。でも、一言めの台詞の声色やその発声は期待していたようなものではなく、フワッとした演技のフワッとした発声で「思った感じではないのか」と思って見ていくと、それは家族の前で明るく繕う母親の上ずったそれであると分かる。苛立ちや絶望がいったりきたりする表現。モルヒネを打った後の穏やかさ、そして最後のシーン、やっぱり凄かった。まさに凄みがある、という感覚。多分家族全員が役者としても彼女に対して怖さを素直に感じていればいいから、最後のシーンは楽かもしれない。

一家の長である父親を演じる池田さんの立ち回りは、かつて一発当てたことのある舞台俳優という役柄のため多くの場面では芝居がかった立ち回りだが、素を見せる時には一気にみすぼらしく見える。

大倉さんは父の後を継ぐように舞台に立ちながらも父のように評価や大金を得られるわけでもなく、虚無感と嫉妬が主な感情で、酒と女だけが彼を饒舌にさせる長男のジェイミー。大倉さん自身が長男であり、家族への感情が理解しやすい立場だと思うし、酒と女が彼を饒舌にさせるのも理解しやすいだろう。己の矛盾する心をひたすらに弟にぶつけるところ、すごくよかった。

舞台初挑戦の杉野遥亮くんが演じる役が作者のユージン・オニール自身を投影したエドマンドという役。*2結核を患い、自身の死*3を目の前にした家族の狼狽に絶望し続ける場面が多い。作者自身でありあの日の主役でもあるエドマンドだから、台詞も立ち回りも多い。初めてであの台詞量、あの立ち回りをしていると思うと本当に信じられない。インタビューを読んでみるとすごく飄々としていて、恐れがない。無駄な恐れによる固さがないからこそ、容量の限界まで吸い込める人に見えた。このままどんな環境にも恐れなく飛び込んでいってほしい。

家族4人以外に舞台に立つ唯一の部外者が使用人のキャスリーン。誰に対しても素直で素面*4でいられる唯一の存在。この人が4人に飲まれたら作品が成り立たないので出番の量は多くなくともすごく大事な役。あの家族に飲まれないこと、簡単ではない。

 

これは家族が絶望を共有した日の話。だけど、この絶望の日と人生の終わりは誰も直結していない。この絶望の先に長かれ短かれ人生が待っている。それを希望であると捉えるか、長い絶望と捉えるかは人それぞれ。ただ、その舞台にあるのは絶望の1日。面白かった。

*1:1幕1時間20分、2幕1時間50分、休憩20分

*2:作中では若くして亡くなった兄と自身の名前を入れ替えている

*3:当時は多くの場合死に至る病だった

*4:酒は飲むが中毒ではない

「見せる」ジャニーズWESTのコンサート

rainboWコンをさいたまスーパーアリーナで見た。

最初から最後まで「見せること」に演出(予算)を振り切ったライブで、すごく見やすくて分かりやすくてスッキリとしたいいライブだった。

これまで、ジャニーズWESTの優しさ(サービス精神)として、「距離の近さ」「バラエティー」に割いてきた演出をすっぱりとカットして、バラエティーコーナーなし、トロッコなし、外周なし、バクステなし、センターステージはせりあがりや回転などの機構なし、特効はプリンシパルのスモーク入りシャボン玉のみ*1で、火などの特効、ステージの可動機構は全てメインステージに集約されていて、そこにはこれまでになく予算が感じられた。 

メインステージは全面LEDモニターパネルが緞帳として機能していて、SM的*2な自然のなかにメンバーがいて、能力発動して…のオープニングVCR*3からそのモニターが左右に開いて、奥に控えるメインステージが現れ、メンバーは上から降りてくる形でコンサートがはじまる。これは本当に最高。

個人的には、テミンさんのT1001101コンのときにステージ手前のモニターが開閉する演出を見て感動したんだけど、今回のWESTのは単純に2分割ではなくて6分割になっていて、場面によっては3:3に分かれたり、2:1・1:2になったりもちろん6分割してメンバーの間にモニターが並ぶ形になったりしていた。この演出のよさはとにかく全面的にそこにステージのメンバーの表情を映すことが出来るということ。後方の席の場合、左右にデフォルトで配置されたモニターだけだと双眼鏡で見なければその姿の詳細を見ることはできない。メインステージ背面に全面モニターがあっても、その前にセットが配置されたりするとやっぱりそれは遠く感じる。でもステージ全面を覆う高さのモニターをステージの前方に置いてくれることによって、その映像の迫力が全然違う。

今回のセットはほとんど可動式で、「必要な時に必要な形で出てくる」という仕組み。豪華な建て込みセットはそれでしか出ない迫力があるけど、全曲そのセットを背負うことによる世界観の制限、あるいは世界観のブレが発生する。全編通して世界観を統一されると圧倒されるけど、全然合わない楽曲のときには目が散るという感覚になる。不要な時には不要なセットを格納できるようにするというのは、個人的にはすごく好きな演出。*4可動式の方が多分建て込みよりも予算がかかる。プログラムが必要だし、動かなくなるなどのリスクもある。そしてもちろん全面的にステージを覆うサイズのモニターも高額だろうと思う。そしてこれまで以上に火の演出はたくさんあった。だからメインステージにすごく予算がかかってるなと思った。ひとつひとつの楽曲を、映像効果を含めて「見せる」にこだわったのをすごく感じた。それと同時に生バンドを入れたこと。彼らの今の楽曲においてはやっぱり生バンドであることはすごく大事だと思う。

たまアリでいえば、座席は300Lvまでしか使用せず、その上で各座席をひとつ空け、またはふたつ空けで配置していて、動員数は明らかに通常の半分以下。40%くらいなのでは?という体感。これでは興行としては全く赤字だろうと思う。それでも演出の費用を抑えることはしない、というところにジャニーズ事務所としての気概を感じた。彼らはステージを作ってくれている会社にしっかりと支払うだろう。

今だから、というだけの選択なのかはわからないけど、確実にこれまでと違うライブで、確実にいい演出だった。

 

今回の満足感には、生で見れたこと、近い距離でステージを見れたこと、による影響が大きいのは多分ある。でも、なんかすごくスッキリと見れたのは間違いなくある。

これまでのユニットコーナーがなくて、全員がソロを歌ったことも面白かった。それによってJrのターンがなくとも、VTRコーナーがなくともコンサートが作れたのもあると思う。*5ソロ曲はそれぞれの方向性が分かりやすくて、全員違うのに全員大2*6感がすごくて面白かった。正直30代後半の身からすると、なかなかにこそばゆかった。彼らよりも年下の年齢から見るとまた違うんだろうなぁとは思う。

個人的には特にこれまでユニットでは乙女ゲーな世界観を作ってきた淳太くんが、ひとりだと乙女ゲーではなく、ちょっとシニカルにするんだなということが印象的だった。

ライブで毎年見るたびに小瀧さんののびしろに感動しているんだけど、今回もやっぱり小瀧さんののびしろ!!ってなった。めちゃめちゃ歌がうまくなってるんだけど、まだまだ歌がうまくなる。どんどん高音域の出方がよくなる。これまでできなかったような表情を出せる。声帯の扱い方をつかみつつあると思うけど、これが自在に扱えるようになればもっともっと幅が広がる。安定感が出る。何より声自体は強い。見た目のかっこよさはもうずっと安定してると思うけど、デビュー時期は誰よりもバテやすかったのに今は最後までブレずに終われる体力もついた。また舞台がある。賞をもらったことでまた自信となり、まだまだ努力するだろうし成長する。そうだろうと感じられることがすごく嬉しい。

 

一緒に行った友達は京セラのクリスマスぶりにWESTを見るという状況だった。終わったあと「めっっっちゃ人間でしたね……こんな人間味しかないコンサート初めて見ました。」と言っていた。本当に、清々しく人間だった。乙女ゲーみたいな演出や被り物してコントのコーナーがなかったから、全編ずっと人間だった。自分にはそれがとってもよかった。心地よく見終わった。

ダブトラコンに感じた違和感も結局、彼らが自分達でひとつ役を乗せたコンセプトをコンサートにもっていったからかもしれない。人間味しかない楽曲とコンセプトを背負った楽曲ではやっぱりちょっとスイッチが違うというかギアを変える必要がある。でも、多分それをするとなんか違和感がでるメンバーがいる。今のWEST、素で楽しんでる時がやっぱ1番かっこいいんだよな…としみじみ思った。

結局のところ、やっぱり重岡が芯で、重岡が違和感を持たず素で楽しんでいる状態が、グループとしても1番パワーを発揮できるのかもしれない。その姿やパフォーマンスが好みに合うか合わないかは受け手の問題。今のジャニーズWESTは、受け手ありき、ではなくて彼らの発信したいものありき、のグループなんだろうと思うし、そのメッセージは彼らのありのままで、みんなありのままでいいというポジティブなもので、その姿勢は「間違っちゃいない」と感じた。

なんか、重岡って、鉛筆の芯みたいだなと思った。

芯だけだと太くても案外折れやすくて扱いにくい。鉛筆は周りにしっかり木の軸が密着してることでその芯の力が発揮されて誰もが使いやすいものになる。軸さえあれば荒く削っても機械で削っても使える。シャープペンシルのように沢山の部品が分離できるものではなくて、一体となったもの。素朴だけど繊細にも力強くもいろんな表現が出来る。軸となるものはジャニーズWESTのメンバーだったり、ドラマのスタッフや共演者だったり、バラエティーのスタッフや共演者だったり、どんな木材でもしっかりくっついてさえいれば、どんな人でも使いやすい。鉛筆があればどんな作品作りもしやすい。なんか、鉛筆の芯!って感じがすごくしてしまった。よく分かんないけど。

 

正直な話、グッズは通販、入場時間を区切られて、一席空けで荷物を隣の席に置ける配置。こんなジャニーズのライブ、快適過ぎて困る。この状態で行くライブは今のところこの1公演だけだけど、この環境に慣れてしまったら以前の環境はしばらくツラそう。客席を戻すのは当たり前としても、グッズ通販とか時間区分での入場は続けていってほしい。

*1:シャボン玉好きすぎる人なので最高だった

*2:S.M. Entertainment Co., Ltd.

*3:EXO出てくるんか???ってなった

*4:これもテミンさんのT1001101コンで感動した部分。ブログに書くつもりだったんだが…

*5:そもそも短いというのはあるけど

*6:中2、高2、の大学2年生

私の本現場が終わります。

一応公式はこちら

東京パフォーマンスドール Official Site

約6年間(途中1年くらい離れてたけど)応援してきた。気がついたら自分にとって1番長く見続けた女の子のアイドルになっていた。6年経った今でも本当にTPDのライブが好きでメンバーが好きだった。

とはいえ、「悲しい」とか「悔しい」の気持ちはない。「とうとう来たんだな」という気持ちだけ。正直ちょっと泣いたんだけど、楽しかった思い出が走馬灯のように駆け巡ってしまったから。本当に楽しかった。

元々デビュー時からROAD TO 2020とスローガンを掲げてきたので、2020年までは続くだろうと思ったけど、2020年で解散でもおかしくないと思っていた。先代のTPDは特に何か発表もなく活動が立ち消えて実質解散になっていたくらいだから、2021年にグループの活動がパッタリとなくなってそれも覚悟していた。

だから最後にZEPP TOKYOでラストライブをやって無期限活動休止しますという形に本当に感謝しかない。

最後まできれいに終わってくれる。最後まで見送らせてくれる。本当にありがたい。勿論コロナの状況によっては実現しない可能性もある。でも、最後をきれいに終わりましょうと決めてくれたことが本当に嬉しい。

ZEPP TOKYOはわたしが初めて彼女たちのライブを見た会場*1だから、本当に嬉しい。

初めてライブを見た感想文。

当時は絶対に売れると思ってたなぁ……(遠い目)

TPDを見てきて、売れるということについて考えることも多かった。改めて考えても、流れを読むこと、チャンスを掴むこと、どちらも本当に難しいことなんだなと思う。メンバーのポテンシャルがあろうと、レコード会社に予算があろうと、波が来ているときにしっかりとそれに乗る、乗り切るガッツと何よりタイミングよく波が来るような運がなければ売れることはない。

でも、売れることが全てでもないというのもTPDでよく分かった。メンバーはどんどんと垢抜けてかわいいからきれいになっても、ずっと和気あいあいとしていて、デビューから7年経っても本当に楽しそうにステージに立ってくれていた。それだけでも本当に奇跡みたいなことだなと思う。途中メンバーが3人脱退*2したので勿論いろいろあったのはあったけど、それでも残ったメンバー達がそこから何年間も楽しそうにステージに立ち続けてくれていただけでありがたい。

だからこそ、楽しいうちに楽しさが過去にならないうちに活動を終わってほしかった。楽しい青春だった、と終わってほしかった。

本当なら2020年の東京パフォーマンスドール結成30周年のライブで2021年で終わりを発表して、2021年の6月、デビュー日か結成日でラストライブ、という計画だったのかなとも思う。思った通りの終わり方を出来なかったにしても、ちゃんと区切りを作ってもらえて嬉しい。

グループとしてはチャンスを掴みきることが出来なかったけど、メンバーそれぞれはしっかりとそれぞれの活動を広げていて、その点も本当に嬉しい。全員が全活動をし続けるかは分からないけど、活動を見守りたいなと思える方向に進んでいることだけでもありがたい。これからもそれぞれの活動を応援したい。

 

しかしまぁ、今日*3SEVENTEENのデビュー6周年の日で、日向坂46の5thシングル「君しか勝たん」の発売日。なんて日だ!

わたしの支えは沢山あるな……としみじみ思う。

とりあえずは9月30日の活動休止まで、TPDを本現場としてしっかり楽しみます。

*1:だと思ってたけど、実際にはDivercityの方だったっぽい。まぁどちらにせよZepp

*2:公式には退団

*3:2021年5月26日