きらきらしたものを集めたい。

主にジャニーズ、たまにアイドル。/絶賛事務所担進行形 → 主にK-POP、たまにジャニーズ、たまーーにアイドルへ移行したみたい。。

「チョンジョングクの腿はガチ」という話。

まず、ジョングクさんお誕生日おめでとうございます。

そして先日の記事にたくさんの関心ありがとうございます。(Kポ沼でよく見る表現を使いたくなるお年頃)

2ヶ月経ってても書いてよかった!かな?と思ったので、この前の話で書けなかったジョングクさんの話をせっかくだからこのタイミングで書き殴らせてください。

まず1曲目の段階で「ジョングクさんはガチだ」と気づいてしまった。

何にガチかというと、筋肉に対してガチ。

ワタクシゴトですが、家族に筋肉バカがいるので、中途半端に筋肉についての知識やマッチョマインドを理解してしまっている部分があり、そのアンテナに完全に引っ掛かってしまった。

ジョングクさんの腿はガチ。

友達から「ジミンちゃんの腿がヤバい」って聞いていたのに、私の目に入るのはジョングクさんの脚ばかり。パンパンに張った皮パンの中の筋肉の躍動が…筋肉の主張が…

我が家の筋肉バカ曰く、筋トレで1番しんどいのが腿らしい。大変なわりに普段の生活で見せびらかすこともできないから上半身ばかり鍛える人も多いらしいけど、その筋の人から見ると太い腿は一目置かれる存在となるらしい。*1完全にジョングクさんの腿はそっちの腿になってる。

 

余談を挟むと、ジャニーズの筋肉といえば、塚ちゃんもだけど、岩本くん。岩本くんの目指しているベストボディコンテストはボディービルとは別のジャンルで「もっと、ファッションが映えるかっこいいカラダ」みたいなもの。*2オードリー春日のボディービル参戦でボディービル人口が激増して、結果ボディービルからフィジーク*3やベストボディへの転向をする人も増えたとかなんだとか。余談すぎる。

 

ジミンちゃんの腿は多分躍りの中で鍛えられたしなやかなもので、ジョングクさんのそれは全く別。筋肉としての存在感のための筋肉。特に内腿から裏腿。すごい。筋肉としての存在感がすごい。

しかも、あの張りはどう考えても衣装を着てからパンプアップしてる。そうじゃなきゃあんなピチピチなの履けない。筋トレをするとすぐに筋肉は大きくなります。だからボディービルダーはステージに立つ直前まで袖でみんな筋トレをしています。そういうパンパンの張りをしてたのもガチだーーってテンションがあがってしまいました。

正直、アイドルとして筋肉に目覚めるのはもろもろリスクが高いので手放しでいいとは言えないんですけども。衣装が難しくなるということはもちろん、ある程度以上の筋肉量になると急激に抵抗力が落ちて風邪を引きやすくなります。これが本当に驚くほど病弱かよ!ってなるので、ほどほどで筋肉育成を楽しんでください。

でも本当に筋肉に目覚めた効果かは定かではないけど、ジョングクさんはスーパーセンター感があってかっこよかった。正直、プレゼンを受けながら初期のMV見てたときは「このセンター、虚無だ…」ってなったけど、今の彼に虚無さはゼロでした。アリーナ公演3日目で疲れの見えるメンバーのなかで、疲れによって追い込まれることで覚醒できてしまえるカラダになっているせいか、とてもグイグイなパフォーマンスでした。

奇跡の97line、これからも輝き続けてください。

参照画像追加しておきます。

いやぁ、ガチでしょこの腿。


f:id:pinkslip:20170901201420j:image
f:id:pinkslip:20170901201452j:image

 

ついでになってしまうんですが、ジミンちゃんについては正直書けるほど残らなかったんですね。多分ジミンちゃんは正面から見るべき人で、正面での見映えを寸分狂わずカメラ映りの正解の角度を理解して動いている人だと思う。本人たちがメインステージで見れるモニターには歌詞だったり動線が出るだけで、どうカメラに映っているかは見えないのに間違いなく見せ場で最高の角度をカメラに見せるのが本当にプロフェッショナル。ジミンちゃんは特に表情。ジャニーズのライブの多くはメンバーがモニター見ながらカメラ目線リアクションしてるのに対してら全く確認してないのにこの魅せ方て!!っていうのはライブ中感動したこと。だからもしまたバンタンさんのライブを見れるチャンスがあれば1度正面からジミンちゃんのパフォーマンスを感じたいです。

*1:うちの筋肉バカの説なので、諸説のひとつだと思いますが

*2:認識が間違ってたらごめんなさい。

*3:ベストボディよりもう少しチャラくないやつ