きらきらしたものを集めたい。

主にジャニーズ、たまにアイドル。/絶賛事務所担進行形 → 主にK-POP、たまにジャニーズ、たまーーにアイドルへ移行したみたい。。

イ・テミンというあまりに稀有な表現者のつくる空間がすごすぎた話。

去年のはじめてのソロコンサートでの目隠しで拘束された状態でのDOORのパフォーマンス*1がすごく話題になって、そのパフォーマンスは年末のアワードでも披露されたけど、はじめてのソロコンサートがすごいのはその1曲だけではなくて、日本武道館というコロッセオのような会場で360度ステージでパフォーマンスをする構成でコンサートを作ったことなんですよね。冒頭だけでも見て欲しいと友達に見せてもらったDVDで、MCは挟むけれども、1曲目から8曲くらいダンサーがハケる曲があってもテミンさん本人はハケることなくずっとパフォーマンスをし続けていて、ステージから降りることなくパフォーマンスし続けていて、軽い気持ちで見始めたのに圧倒されてしまった。グループでステージに立っている時とは全く違う印象というか、SHINeeとしてのステージはドームクラスで大きなステージの仕掛けがあったり、派手な演出があるなかでのものだから全然違う。

 

という経験があり、今回のソロツアーよければ連れてってくれ!とテミンペンにお願いしたわけです。(前置き長いのはネタバレ云々的な気持ちでもあるので、1mmもネタバレしたくない人は以下は読まないでくれ。)

 

 

パシフィコ横浜で見たものは、日本武道館とは全く違う表現のステージだった。

コンサートというより、舞台で、舞踏劇という感覚だった。

「ペンライトは2曲目が始まるまで点灯させないでください」というアナウンスがあって、1曲目DOORはプロジェクションマッピングから始まる世界。曲が頭に入ってないので、改めてセトリ見て1曲目がDOORなことに気づいたくらいなんですけど。前回のコンサートで象徴となった楽曲を全く違う形の表現で1曲目に置くって本当に痺れる。現地で見てた時は単純にそのパフォーマンスに息を飲んでたけど、分かってたら1曲目からクラクラしてたな………

ステージに組まれたセットは、いろいろなシチュエーションを表現する舞台装置で、あるときは街中、あるときは水中、あるときは宇宙をつくる。8人程のダンサーはバックダンサーではなく、同じ舞台を作り上げる表現者としてそこにいて、時にはステージの上手や下手で歌うテミンさんの世界観をダンサーさんがステージ全体を使いダンスでストーリーを作りあげる。

盛り上がるというより、とにかく見入ってしまう時間が多かった。曲ごとにそれぞれの演目を見ている感覚で、ペンライトを振ることもままならない。

テミンさんの動きは、とにかく音ハメが尋常じゃなくて、リズムを刻むというより、メロディーを体で表す。曲によっては音がテミンさんに吸い付いてくるような感覚すらあった。ドームクラスではどうしても音に時差が出ちゃうから、ホールで見るからこその凄さだったと思う。

だけどMCで一言喋り出せばふわふわニコニコで、それまでパフォーマンスしてた時とは顔も全然違うから緩急がすごい。もちぷにゃみたいにふわふわのモチモチ………「次の曲は~」ってワンフレーズ歌いながら振り返ってスッと次の演目の世界に入っている。

本編後半にTHEライブという時間もあって、ダンサーさんを引き連れてかなり自由に歌ってる時間のテミンさんはすごく楽しそうに客席を煽って歌っていた。

18曲披露した本編最後の最後にえげつないほどガンガンに踊って「またね!」と言ってステージから去る。曲間の舞台転換的な暗転はあれども、VCR挟むでもなくほぼほぼ出ずっぱり、MCも軽くで、本編最後に踊りきるすごさ…

本編もすごく言いたいことがいろいろ溢れる内容だったんだけど、アンコールがもう今まで体感したことのないアンコールだった。TシャツGパンでお手振りのアンコールとは全く違うアンコールステージだった。

その選曲がもう本当にすごくて、ただ楽しいだけではなくて、ただ美しいだけではなくて、最後の最後にスッと棘を残されるような選曲。*2そして最後の曲のアウトロが残るなかでテミンさんは「愛してるよ!」と叫び、ステージから姿を消す。左右にあったTとIの形のセットが曲中に中央に寄って、それを門のようにして間にテミンさんが入るとTとIがひとつに組み合わされる。そして、アウトロの終わりにまた開くとそこにはテミンさんはいない。それがとにかく衝撃的だった。本編の最後にこの形はあったけど、アンコールの最後にこれは初めての経験だった。かつてない余韻のなかで明るくなる会場に思わず「終わり方のクセがすごい!」と大きな声で言ってしまったくらいすごい衝撃だった。アンコールもひとつの演目として強い意思を感じるステージだった。こんな作り方、普通ではしない。意思をもって作らなければこうはならない。その体感からずっといろんなことを考えずにいられなかった。

 

最近この世界に触れた身なのでテミンさんの10年のアイドル人生がどうであったかを知らなくて、だからすごく興味がある。

初めてのソロコンで武道館という会場を選び、あの360度ステージを作ったこと、そしてホールツアーで舞台のようなステージを作ったこと、どこに影響を受けてそうなったのかがとても気になる。韓国でもソロコンサートは開催しているけども、初めてに日本という場所を選んでいることについてもとても興味深い。ただの大人の意向とは思えない。

とにかく1曲たりとも何も考えられていないステージはなくて、セットをモニターとしてテミンさんを映している場合でも3箇所に3方向からの映像を映していたり、大きなモニターで映していた映像が鏡写しになっていたり…派手さではなくて、どれも曲の世界観のための演出。ダンサーさんも、バックダンサーではない。ダンサーさんが登場した時にその個性的な面々にまず衝撃を受けた。テミンさんよりもとても背が高い人もいれば、とても顔にも髪型にも個性が溢れている人もいる。そして全員揃いの衣装ではなく、それぞれの人にあった衣装を着ていた。ダンサーのクセが!って思っていたら、「あ、バックダンサーじゃないんだ、彼らも立派な登場人物だ……」と数曲のうちに思い知らされる。

 

パフォーマンス中のテミンさんの頭のなかには、ずっとステージ全体を映した俯瞰の映像があると思う。ステージ全体を見たときに自分がどこにいて、客席から見たときにどうステージ全体が見えているか、どこを見せたいか、が明確に頭のなかになきゃ出来ないものだった。多分、どれだけ情熱的なダンスをしていても、頭の2割くらいは冷静で、研ぎ澄まされた状態。だから思い返すとどれだけクセの強いパフォーマンスの曲でも「ナルシズムが溢れてる!」の感じた部分がない。多分どの場面でもナルシズムで満たされる余地もない。ただ、アンコール最後の曲で赤い衣装のテミンさんがセンターにいて手を掲げ、左右に白い衣装のダンサーさんが一緒に手を掲げ、ペンライトを掲げて振ることを求められて会場がそれに応えている時に急に「あ、そうだ、ここはイテミン教だった」って思った。あの瞬間ばかりは一神教の世界だった。それでその曲のアウトロでステージから消えるんだもんなぁ…敵わないよナァ……って思ってたんですが、実は曲が終わっても最後に門のように使ったセットの裏にずっと潜んでいるらしい。どういうことよ………

 

本当にすごい人だと思う。その会場で1番映える構成が考えられる人で、自分の思い描く表現がやりきれる人で、自分の思い描く表現をするための演出と共演者と衣装を選べる人なんだろうと思う。もちろん舞台監督とか、そういうスタッフはついているにしても、判断はテミンさんがしてるとしか思えない。誰かの選択をそのまま受け取ってるようには見えない。隅から隅まで血が通っていて、とてつもなく質の高いことを全部をやりきれる人なんているんだな………って思って、最終的に、「ちょっと意味わかんないんですけど」って気持ちになる。

多分、天才とか才能とかいう言葉で済ませるわけにはいかない想像を絶する努力がある。努力だけでどうにかなるわけでもないんだけど………

7月にあったペンミの映像を見ながら書いていますが、もちろん体に染み付いたパフォーマンスはしっかりしてるけど、表情がぼんやりとフワフワしてて面白い。テミンさんの選曲したブロックになったら急に表情がしっかりしたので、優先度であたまに入りきらず溢れたものはかなり溢れてたんだろなぁと思って人間らしさにホッとするくらい。あんな公演の準備してたらそりゃそうだ……となる。

グループはグループ、ソロはソロ、というドライな区切りがあるかというとそうでもない。だって、siriusツアーで発売しているペンライトは日本公式のSHINeeの基本色と完全に同色で光っていたから。*3ソロであってもSHINeeのペンライトで見たい人への配慮だと思う。あのミントグリーンに包まれるのが落ち着くのかもしれない。

 

テミンさんが、siriusというツアータイトルは「このステージが1番明るい星のように輝く時間になるように、共にそういう時間を作りたくて」というようなことを言っていたんだけど、本当に自分の人生のなかでも1番かもしれない余韻がある。圧倒的で強い強い眩しさ。本当にすごい時間だった。パシフィコ横浜という会場で見れてよかった。*4

 

そして、そんな余韻のなかキーくんがソロでの活動を始めるというニュースが。SHINeeとしてステージに立っている時でも溢れている彼の美学とこだわりがソロとしてのビジュアルやパフォーマンスやパッケージでどう表現するのか………興味深すぎるので楽しみです。

*1:https://youtu.be/T3H4_uy4-Qw

*2:あとで確認したらアンコール2曲が初披露のリリース前の新曲っていう。本編にも新曲たくさんあってトータル7曲が新曲ってわりと意味わかんないレベル

*3:日本と本国公式とは微妙に色味が違うことに今回始めて気づいた

*4:パシフィコ横浜は1階ほぼ最後方でもステージの足元まで見えるから素晴らしい。2階はわりと中腹から視界よくない。

公式ツアーで台湾で関ジャニ∞を見てきた話。

めちゃめちゃ楽しかった!

以上の感想がないと言えばないのですが、オフィシャルツアーに参加したわたしと、オフィシャルツアーじゃなく行った友達がいるので、その辺のことを含めて公式ツアーでいくことについてとか書きます。

 

去年のちょうど10月頭に初めて台湾へ行きました。SEVENTEENのワールドツアーで。初めての海外遠征。普通に海外旅行自体10年以上ぶり。そこからあっという間に今年は3回ほど韓国へ行きました。そんなタイミングだったので台湾公演が発表された時点で前のめりで行きまーす!って感じでした。

自力で行く場合、飛行機はLCCが基本なので早く抑えたい。だからまず「オフィシャルツアーか自力で行くか」は早く決めないといけない。私の場合は、母も行くという時点でやっぱりLCCとかゲストハウスとかは無理だろうし…3連休で普通に飛行機高い時期だし、ということでオフィシャルツアーを選択しました。行けるなら三連休で無理なく完結する21日(土)昼発、23日(月)昼帰りのコースを選択し、その希望で取れました。2公演見るというコースがないのが意外だったけど、オフィシャルツアーで参加しつつ2公演見るために21日午前中には台湾に着くコースを選択する人が多かったのかも、というのは現地ホテルで少し聞いた話。

友達は去年のセブチでチケッティング経験済みだし、オフィシャルツアーの2泊じゃ足りないしで4泊5日で自己手配での参戦。

個人的には韓国勢がモリモリ21日22日に台湾でファンミやらコンサートを開催する*1ことに早く気づいてたら早く台湾入りしたのに………という感じなんですが、とはいえ体力的に無理ないスケジュールでよかったという気持ちのが大きいです。友達は台湾に行ってから公演前日にRed Velvetのチケットを取って21日はRed Velvetを見てからクラブイベントを朝まで楽しんでいました。上級者の楽しみ方ですね。

 

出発空港とざっくりとした発着時間枠のコースはあるもののホテルも飛行機の便も不明のまま9月を迎え、東京ドーム公演期間の最中にホテル・便の情報、週末にホテルの詳細・しおりなどが届く形でした。先行通販のグッズは出発1週前に届きました。グッズの先行通販は本当にありがたかった。去年のセブチでも昼の時点で無理!っていう列だったし、やっぱり海外公演は持ってくる量に限界があるのですぐ売り切れるので…

 

海外のチケッティングは基本的にブロックで値段も違うし、取る段階で本当に席を抑える感じなのでどうなるのかと思ったら、オフィシャルツアーが「当日朝にチケットをお渡しします」でアナログデジチケおみくじスタイル。ホテル到着時の説明で「もう席は決まっています。引き換えタイミングで変わることはないので、早くから並んだりしなくて大丈夫です」と言われました。引き換え券はジャニーズチケットなのに、いざ渡されたチケットがシンプルなTix craftのチケットそのままなのもわりと衝撃的でした。台湾公演だとムビチケみたいなカードタイプのチケットとかもあるので、せっかくならそっちがよかったなぁとか思います。現地チケッティングで確実に見えそうな席を一旦確保しつつ、オフィシャルでのチケットで席次第で片方を放出という人もいたのかなという印象ではありますが、それで交渉成立するほど現地でチケットないけど見たいという人がいたのかは謎です。

 

体感として、アリーナの前方は9割8分オフィシャルツアーで抑えられていた席で、アリーナ全体もほぼオフィシャルツアーなんじゃないかなぁ…という感じがしました。自分がアリーナの前方にいたので、北京語での挨拶へのリアクションは自分も含め理解した上でのリアクションはなかったです。あとはスタンド前方にもオフィシャルの人、或いは自分でもチケットを抑えて保険をかけてスタンド席を選んだ人が多くいたのかなという感じがします。物理的距離感は、外周にきたときのスタンド席前方がきっと1番近いだろうなぁって感じだったので、初日を見てそっちを選んだ人もいたんだろうなぁと思います。

友達は現地の台北アリーナでライブを見たことがあるお友達のオススメのスタンドのブロック前方をチケッティング第2段(最初のチケッティングの後に入金がなかったりで開放された席)で確保していました。結果的にそのゾーンに大倉さんが突っ込んでいくというエキサイティングシートでした。

台北アリーナのサイズ感は基本的には横アリくらいで、スタンド席は高め。スタンド席とほぼ水平の高さで作られた外周は2m以上の高さで新鮮だった、というか外周があるアリーナのコンサートが初めてかもしれない。

ステージ正面スタンドが3階くらいまであるんですが、めちゃめちゃ高くてビビりました。たまアリ400Lvより高いくらいのスタンドがあります。せっかくだから上までのぼればよかったんですけど、かなりの勾配だろうと思います。サイドの高いところのスタンドは解放してなかったと記憶していますが、間違ってたら申し訳ない。

 

コンサートは、ツアーと同じOPのVCRから始まるけど、アイドルパートから始まる構成でした。出てきて気づくメンバーの近さ。近っ!!!ってなりますね。特効の少ない横アリ公演もステージと客席の距離感は近いんだけど、台北アリーナはステージの奥行きがない形で、基本的にメンバーの立ち位置がすごく手間でした。多分ドームのムビステよりも奥行きないくらい。最前列でもないのにかつてない臨場感…で、このステージの奥行きがないということにより、バンドの際の大倉さんがめちゃめちゃ近い距離感で見れたというのが個人的に1番インパクトがありました。

あと、ジャニーズはやっぱいいなぁと思えるのはやっぱりステージの背景全面を使った大きなモニターでずっとメンバーを映していてくれるところ。スタンドから見ても表情が伝わるって大きいと思うんだなぁ。

 

I to Uをやってくれたり象をやってくれたりとちょっとずつスペシャルになっていて、トランプマンのコーナーは3つの中国語の字面を見てかっこいいセリフを選べ、という企画に。「1000年に1人のバカです」を選ぶ大倉さん。本人もしっくり来てたけど、そうだね、しっくりだね。

 

コンサート全体として、通訳さんなしで基本的にはMCもフルフル日本語で、という進行だったのが驚いたけど、普通にそういうもんなのかな…セブチを見るときは日本でも台湾でも通訳さんが入っているし、日本でのSHINeeさんとかは自分たちがほぼ日本語でMCをしているので、通訳さんがいらない感じなんですが。錦戸さんの迫真の台湾ギャグ「こんばんは金城武です」もウケもせず台湾の方には普通に「あれ?間違えて覚えた?」って思われるというスベり方だったのも、通訳さんいたらドッカンドッカンだったのでは……みたいな気持ちもありました。一応MCとかは皆いつもよりゆっくり喋ってたと思います。

 

とにもかくにもメンバーが楽しそうだったなーと思います。とくに横山さん。

ズッコケ男道が横山さんメインの曲となって、ツアー始まってすぐはプレッシャーやら何やらあったと思うんですけど、台湾の時はひとりでセンターステージに駆け出してピョンピョンしながら歌ってました。本当に楽しそうだった。その姿をメインステージから見守るメンバーの表情がまたすごくよくて、あぁいいなぁってしみじみしてしました。こうやって横山さんは歌への恐怖心を乗り越えていくんだろうし、きっとあっという間に成長していくんだろうなぁと思います。いつまでもJrみたいに成長を見守れるのが横山担の醍醐味みたいなことを身近な横山担に言われました。

パンぱんだは海外でも圧倒的にウケる曲だな…を実感したり。あれをやれる30代半ばの青年というのがやはり奇跡…丸ちゃんも髭なくなってかわいかった。横山さんが37歳であることが、台湾の人にどれくらい伝わっているのか…あの白くてモチモチしてトゥルトゥルしてるお兄さん37歳だよ!!!最年長だよ!!!って北京語喋れたら伝えたかった。自分の席の周囲は「100も承知だわ」の人しかいなかったけど……

 

ダブルアンコールは曲はなしで、肉声で「ありがとうございました!」だけで終了。開演前終演後のアナウンスも日本語メインだったな…

 

もちろん規制退場という概念もなく、終演後は一斉に外へ。

基本的に穏やかな台湾の方も、このときばかりはタクシー価格をふっかけてきたりするようなので、今後台湾行かれる際はお気をつけください。基本的にはタクシー初乗り安いし最高ですけどね。わたしは今回はタクシー移動しかしていませんでした。地下鉄も本数多いし、バスも多いし、台北は大都会なので公共交通機関は充実してます。

 

公演の時に感じたのは、ここまでくるファンはそれなりに濃い欲求をもってるんだな…ということで、あぁジャニーズのアリーナ公演ってこうだったよね…みたいなうっすらとしたヒリつきを感じて、関ジャニ∞でもやっぱりそういう層がいるよね、と感動してしまったりしました。普段ドームだと客層は幅広いしノリがカジュアルな体感なので。その上自分がK-POP見始めたら海外公演に行くことも国内遠征と同じカジュアルなノリになってしまっていたので、自分のノリがこの場においては少数なのか…と不思議な気持ちになったりしてみました。確かに2年前だったらめちゃめちゃ勇気が必要だったな…と思って不思議だったし、とても見事な巡り合わせだなぁと思いました。

 

異国の公演で、ここまで来てくれる日本のファンがいること、台湾で初めてのライブを台湾在住・或いは近圏の国から見に来ようと来てくれた人がいること、どちらも彼らにとって大きなインパクトになるのかな。インパクトになるといいな。

関ジャニ∞はある意味で演出面でたくさんの装置がなくてもバンドセットがあれば一応公演が出来るグループというのは海外展開を考えるとすごく有利かもしれない。いつでも喜んで飛びます!シンガポールとか!香港とか!よろしくお願いいたします!

 

以下は本当に個人的な話です。

母と海外旅行なんて行く日がくるなんて思ってもいなかったんですね。母が海外へ行ったのは父の生前に1度だけ。そのときは現地のお金も自分で持つことはなく、ひたすら父の行くところへついていっただけだったという感想で、いろんなことがあって、楽しい思い出ではなくて。でも最近は国内でお友だちと旅行へ行くことも増えて、去年から私が海外へ行くようになったから、という経緯があったからこそ行けたと思うし、楽しい思い出で海外旅行を上書きできて本当に嬉しいんです。「次も行くぞー」って帰り際に言ってたし、それもすごく嬉しかった。

いくつになっても、いろんなことへの嫌悪感や恐怖心を、楽しい思い出で上書きさせてもらえるということは、本当にありがたいなと思います。私と母の関係だって、関ジャニ∞がなかったらずっと悪いままだったかもしれないし。自分にとっては、担当って感覚ではないけど、それでもやっぱり関ジャニ∞に感謝してもしきれないな…みたいなことをセンチメンタルに思ったりした台湾でした。

 

ジャニーズの海外公演が、これから増えていくのかはわからないけど、オリンピックに向けて沢山の会場が使えなくなることを考えると海外へ行く可能性はある気がします。

高かろうともオフィシャルツアーで行くのが間違いないのは確かです。日本人のスタッフによるツアーデスクがホテルに作られますし、現地空港からホテル、ホテルから会場への送迎もつきます。オリジナルのアメニティも充実していました。今回の台湾も、個人的には申し込み段階からあり得ないくらい高い!って気はしなかったんですよね。そりゃLCCとゲストハウスで行けば安いんですが、連休は普通に飛行機高いので、LCCじゃない飛行機、それなりのホテルで連休に旅行する+コンサートと思えばそんなに高くないです。今後もやるとしたらきっと連休で、連休内で往復可能なプランがあるだろうと思います。その辺のスケジュール作りはやっぱりジャニーズが最強すぎるな…と思います。

ただ、海外公演の自力手配が不可能ということは基本的にないというのも事実なので。各国には代行業者もいますし。*2最悪現地入りしてからの手配でも複数枚手配から手放す人のチケットを確保できるくらいじゃないかなと思いますが、もちろん自己手配は全て自己責任です。ただ、ライブ以外にもいろいろ観光もしたい!もっと長く滞在したい!とか安く!と思ったら自力手配でも充分楽しい時間を過ごせます。と、一丁前にこんなこと書いてますが、自力で韓国公演のチケットも手配できたことない奴です。自力で掴んだ席で見るコンサートを1度体感したいです。とはいえ、よーいドンで先着ではなくて、一定の日数の間に申し込んでおけば抽選してくれる日本のシステムはありがたいなとも思っています。

 

全く〆らしい〆が見つからないんですが、2018年の秋の関ジャニ∞、東京ドーム公演を含めて、本当に1公演1公演振り幅がすごかったんだけど、どれも楽しかったなーーが本当に1番の感想です。来年も楽しみだなぁって素直に思ってます。

*1:VIXX LR、Red velvet、iKON、SF9、A.C.E

*2:もちろんトラブルもあります。安全か見極めて選ばなきゃいけないけど。

SEVENTEENがくれる理想的な瞬間


f:id:pinkslip:20180912211149j:image

数えてみたら、今回のさいたまスーパーアリーナの公演で、自分が初めてSEVENTEENのワンマンコンサートを見た回数が10回に達したところだった。*1

初めて見たのは去年の7月なのでほぼ1年間で10公演見ている。ツアーとしてはDIAMOND EDGE、SVT、IDEAL CUTの3種類。日本でのコンサートの全公演を見ているわけでもないのに、10公演になった。

3つのツアーで、使い回される演出がある曲もあるけど、基本的にはセットリストもコンセプトも別物。

自主制作ドルという言葉が彼らの代名詞だけど、公演ドルとしても、同世代の他のグループとは一線を画すると思ってる。

そんなワールドツアーや日本だけのツアーをやりながら、7月から数えても1年の間に3回のカムバック(フルアルバム1枚*2スペシャルアルバム1枚*3、ミニアルバム1枚*4 )と日本デビュー(日本オリジナル楽曲1曲、日本語ver4曲*5 )をしている。

リリースペースは、そんなにハードじゃないけど、曲は全部自分たちで作りディレクションしている、という前提を入れて見ると意味がわからなくなる。

ライブの構成は、チームのステージ以外は基本的にメンバー以外の人が作り上げていると思うけど、曲のパフォーマンスはほとんどメンバーが作っているはず。ライブの構成としても本当に毎回演出も流れもひとつの公演がしっかり作られている。構成は別の人に任せていたとしても、当たり前だけど楽なことじゃない。

だけど、ライブで見る彼らは本当に楽しそうだった。さいたまスーパーアリーナ3日間、1日空けて昼間にペンミをやりつつコンサートを2日間。もちろん体力的には厳しいし、毎公演後半はもうメンバー同士でアイコンタクトで励ましあっていくんだけど、それでも必要なパフォーマンスを諦めるようなことはない。最後の아주NICEまで走り抜ける。最後の最後まで、ずっとメンバー同士で笑いながら汗をきらきらさせて飛んで走ってってしてるSEVENTEENの姿が本当にすごいんだけど、そこに楽しいが溢れてるから多幸感がすごい。

セットリストとか、演出について細かくいうと、正直SVTが好みすぎて横アリセンターステージ最高って結論になっちゃうんだけど、今回はやっぱりホシウジのナルスゴガラ*6でしょう。香港でセトリから外されて世界的にザワついたら日本ではやってくれて本当によかった。音源としても最高なんだけど、パフォーマンスとしても本当に最高。ポップアップで下から登場するホシくん、ホシくんのAメロが終わる頃にステージの奥から歩いて登場するウジさん。目線を交わすことなく続けられるパフォーマンスだけど、背中でお互いを感じあう感じ。個人的にはBANANA FISHの世界感。ウジさんのステップはかかとが浮いていて、浮遊感がありながら誰よりもキレがある。ホシくんの歌は表情豊かで本当にうまい。担当は逆のはずの、それぞれの最高の表現力が最高の世界観のなかで表現されたパフォーマンスに昇華されて本当によかった。

圧倒的なホシウジのあとにそのままFlowerが続くのが最高。アルバムの時点で、かなり好きな曲で、暗く湿度の高い音源のイメージをそのまま美しくパフォーマンスに表現してくれていた。あの振り付けをディノちゃんが作っているんだからさすが…改めてディノちゃんの動きが好きだなぁと思いながら味わった。ディノちゃんの首の入れ方が好きだ。ミンハオさんウォヌ氏の細くしなやかなふたりと、スンチョル氏の力強い動きのコントラストがすごくよかった。

 

あとはヒポチのステージでしょう……

ソウルコンはチームデーとしてパフォーマンスする日が別れていたのでヒポチデーを見た人しかあの最後の晩餐は見れていない。あれをさいたまスーパーアリーナでも見れるとは…ヒポチはSEVENTEENの陰の表現者であり、それはつまりSEVENTEENのナルシズムの表現だと思っている。ヒポチでのパフォーマンスは、4人とも圧倒的なナルシズムを纏ってパフォーマンスをする。高圧的で圧倒的なナルシズム。ミンギュはヒポチの時だけマイクの持ち方が変わる。小指をマイクの下にまわすんですね。最高かよ………2曲めの숙여の時に「叫べ」と言って、声を出させて煽りもせず客席を見下ろすだけの4人、最高かよ………って語彙力ゼロになってヒポチが終わり、そのままボカチにつながってボカチ曲のなかでも暖かな20が始まるからすごい温度差!高低差!みたいなのが面白かった。

パフォチのSwimming foolも本当にアレンジ最高ですごく楽しかった。とにかく今回のミンハオさんずっとニコニコしてて、「いついかなるときもカッコいい自分を見せたい」から、少しまた心持ちが変わったんだなぁって感じられて、そういう心の変化とか成長を素直に表現する彼がまた愛おしいな…と思って見ていた。

あとはボンボンイステージの多幸感すごいんだけど、そこからのROCKETが本当に楽しい。めちゃめちゃ楽しい。

本編最後がパクスからCALL CALL CALL!なのは仕方ないけど、パクスがめちゃめちゃ好きなので切なさもある。難しいよなぁ………

 

以下、ちょっと頭おかしい持論のゾーンです。苦手だわぁって人は読まないでくれていい。(ここまでも読める人どれだけいるのか分からないけど)

 

わたしはとにかくグループがひとつであると感じる瞬間が好きだ。メンバー同士でアイコンタクトをしたりハイタッチをするシーンがコンサート中にあるとすごく嬉しい。

東京ドームで見た関ジャニ∞は「ひとつの生命体のようだ」と感じたんだけど、SEVENTEENも同じように、ずっと13人でひとつの生命体のようにステージで躍動して、ときに아주NICEのように個々が爆発的に自由な動きをするけど、それでもまとまる部分のまとまり方はひとつになる。関ジャニ∞は生命体としては「ようわからん生き物」なんだけど、SEVENTEENはひとりのヒトになる。ウジさんが、歌の世界でひとりの人格の成長を描いているように。

4日目のスンチョル氏を見ていて、限界を越えてるであろう肉体を精神力で力強く動かしているというか、力ずくで動かしていて、「あぁ、この人は心臓だ。力強くSEVENTEENを動かす血を送る心臓だ」などと思って、リーダーズでCHANGE UPを見ながら「それならウジさんが脳でホシくんは肺か」となった。動力を心臓、広く冷静な視野と思考の脳、外から取り込んだ酸素を血に送り全身に届かせる肺。でももちろん、メンバー全員がそれぞれ脳も心臓も肺も持っていて、でも、グループとして構成したときにどこの部分を主に担うか、の例え。スンチョル氏は圧倒的な心臓、ミンギュは主に心臓、次に脳みたいな。

グループの頭脳、グループの心臓、という表現はよくあるけど、他のメンバーにもその力があるかないかでグループの力はきっと大きく変わる。リーダーズは特にその力を大きくもっているけど、他のメンバーもそれぞれの力を作っている。リーダーズに託すことはなく、それぞれのあうやり方でそれぞれの力を成長させてる最中だよなぁ、と思う。個々では個々の人間として個性豊かに成長しながら、グループとなると一気にグループでひとつになる。外の圧力による圧着でもなく、互いに吸着するに近い。その変容性は他で感じたことがない。

今回のツアーでは本編とアンコールの間にメンバー個々のインタビューが流れる。

共通した答えを答える場面ばかりではない。「あなたにとってのIDEAL CUTは?」という質問に、「SEVENTEENのメンバーでいることがもう理想の場面だ」というメンバーもいるし、映像が流れるシーンを想像して「ちょうど今」と答えるメンバーもいるし、「真冬のペンミの朝、自分たちより早く外で待ち続けるファンをみた瞬間がターニングポイントでそれしかない」と答えるメンバーもいる。

ミンギュは「自分の出来ることが増えるとその分だけ理想も遠くなる」と答えていて、印象的だった。別の質問だけどコンサートに対して、「また見に来てくれるという自信がある。余分ではない自信というか。」というミンギュの言葉があって、余分ではない自信をもう少し溶かすと「うぬぼれではない自信」ということだと思う。うぬぼれではない自信はある、でも理想は大きくなり続ける。今はとても健康的な向上心に包まれてるんだな…と感じて、そういう気持ちで今年をきっと過ごしていると思うとやっぱり今年のキムミンギュは最高ってことなんだ。と、自信をもってソロステージでミディアムバラードを歌った姿を思い出して胸を熱くしてみたりする。

 

それなりにいろいろなバンドやアイドルを見てきているからこそ、SEVENTEENのようなグループが本当にどれだけ奇跡のようなバランスでここまで進んできたか、想像がつかない。

ただひたすら、同じ時代を生きてることが幸せだなと思うし、SEVENTEENを気軽に現実として享受できる環境には感謝しかない。

 

自分にとってのIDEAL CUTはなんだろうなぁ、今回のコンサートでいえば、やっぱり6日に最後の아주NICE終わりに最後の背面モニターが閉まってから戻っておかわりした時かな、と思う。あの何度でもおかわりがはじまればセンターステージへ駆け出す瞬間は本当に眩しい。永遠じゃないから眩しい。

これからもたくさんそういう場面が見たい。たくさん輝いてたくさん成長してほしい。理想的な瞬間をたくさんください。

*1:ショーケース、ペンミを除く

*2:12曲

*3:フルアルバム楽曲+新曲4曲

*4:6曲

*5:うち2曲は2017年2月披露済み

*6:Bring It