きらきらしたものを集めたい。

主にジャニーズ、たまにアイドル。/絶賛事務所担進行形 → 主にK-POP、たまにジャニーズ、たまーーにアイドルへ移行したみたい。。

SEVENTEENさんの「Don't wanna cry」についてなど。

もう、カムバック活動も終わっちゃったし、蜘蛛女も見たし、バンタンのライブの感想もあるし、ジャムの感想もあるし…なんですけど、残しておきたかった部分だけどうにか。

最速で配信されるストリーミングサービスは利用してないので、楽曲解禁はYouTubeでした。

おぉミーニー*1から…と思ったらAメロ歌い出しがボノニ*2でマジかよってなる時点で勝ち目なんてない。なんの勝ち目だって話なんだけど、聞いてもらえれば伝わると思うけど、ボノニの歌声は本当にテクニック的なガードはゼロのスタイルでストレートを打ち込んでくる感じでダイレクトに心に響く!みたいな声なんですね。楽曲の歌い出しを感情をテクニックと共に存分に表現するメインボーカルではなくて、音程・発声に不安定さもある彼にするということによるリスクを背負ってでも彼の歌声を使いたいと考えるSEVENTEENさんがめちゃめちゃ好きなんですよね。笑顔の花という曲もそうなんだけど、彼から歌い出すことによってその楽曲の中の言葉に1mmの嘘もないものに感じさせるくらいの純度がある歌声だと思っています。

この歌い出しの段階でちょっとカタカタする感じで、聞き進めていくと「多分最後までラップパートないぞこの曲…」と気づく。そこでまたカタカタが止まらないみたいなことになるわけですね。

現代K-POP基本的な楽曲構成としてラップパートは必須みたいな様式があるみたいなので、バラードでもなく、ラップのない楽曲をメイン曲にするという攻め方に震える。その構成にする選択と、それに応じるために歌唱力を底上げするメンバーの姿勢。

そして、ダンスのフォーメーションで1回目のサビがジュンピがセンター、2回目のサビがホシくんセンターにはじまりハオ*3たんが後を受けるところがグッときすぎるポイントでした。今回のCDに「MY I」という中国人メンバー2人の楽曲(作詞作曲は主にハオたんによる)が入っていることもあるんだけど、ハオたんの表情がめちゃめちゃいいんですよね。これまで派手髪担当だったのがナチュラルな茶髪になり、メイクもナチュラルになり、男らしさがすごい…ハオたんの手足の長さが本当に活きる振り付けだし、素晴らしい布陣です。素晴らしい布陣って思うと同時にやっぱりめっちゃ攻めてるなと思った。

決して彼らの攻めは攻撃的ではなくて、ただひたすらに「求める形を貫く姿勢」が攻めだなと思っていて、デビュー時から彼らの描く青年像は立ち止まることなく成長し続けている。立ち止まることを求める人も多かったと思うし、日本だと事務所・レコード会社側がそれを求める。売れ出すと数年くらい同じような曲をコネコネすることが多い。彼らにはそういう選択肢がないんだなーって今回の曲で改めて感じて本当に感動をしていた。歌割り、フォーメーション、どちらもここには彼しかいないから彼に任せるという強い意思を感じる。

とてつもなく高い純度で自分たちの作品と向かい合って自分たちで自分たちを磨き続ける姿勢は、やっぱりShining Diamondなんだなって。

ジョンハンさんも「他のグループにいたら、いじめられそう」と言う*4くらいに普段からあまりに純度が高い人が多いし、そのままの純度で作品作りに取り組んでいるイメージがあるから繊細になり過ぎることを不安に感じてもいたんだけど、改めて考えてみれば純度が高ければ高いだけ硬度も高くなる。そう考えるとめっちゃSEVENTEEN強いな!!!っていうエモエモモードになる1曲でした。

そんなエモエモモードになるタイトル曲と茶目っ気ベールに包んだ色気だだ漏らし活動曲こと「Crazy in Love」というコンビネーション…いやぁ、本当に、ドーパミン出過ぎるよね。

 

冒頭5秒見てもらえたら残り全て見たくなりません?かわいい~からの色気の応酬に脳が爆発しません?

ドーパミン出過ぎてカムバ1週目は本当に毎日の音楽番組見ては寝られなくなってひたすら寝不足でした…これがカムバック…すごいカムバック…ってなりました。

しかし活動期間のオーラスでまさかの推しがジャングルへ行くっていうのは本当に面白い体験だった。ジャングルの王者ミンギュ、大好きです。

 

*1:ミンギュとウォヌのコンビの呼び名

*2:バーノンくん

*3:THE8(ディエイト)くん、本名ミンハオ

*4:V LIVEのチャンネルプラス配信のALL ABOUT SEVENTEEN Vocal Team ver

個人的な感覚の話です。

カムバ曲の話とかあるけど、ちょっと自分のアイドルとかステージを見る時の感覚の話を書いておきたかったので。

最近しいたけ占いを知りまして、ブログ読むんですけどしいたけ占い出でくる蟹座があまりにも自分のことすぎて笑っちゃうレベルなのでそれをベースに。

蟹座は「いつまでも、あると思うな親と俺」です。 面倒見は良いのですが、蟹座が面倒を見た時間と労力の投資量に対して「あら、この人全然成長しませんねぇ」と判断したらスパッといきます。 恋人とか身内に対しては若干厳しい態度をとって、その分アイドルとか猫を「むひょー」とかわいがるのです。

蟹座ってすごく接待とか人に尽くすことが好きなのですが、身内にはしつこいけど厳しいです。

(中略)

「キャー!」って「かわいい!」と思えるものには絶対服従をするんだけど、なんか自己陶酔している人とか、演技に酔っている人には「そういうの面倒くさいよ。やめたら?」とバッサリいきます(笑) なんかですね、役者さんとかでも「演技をしようとしている人」に対して厳しくて、「演技が自分のモノになるまで高めた」っていう感じの人が好きなのです。どちらにせよ、人を見る目は厳しいです(※ かわいいもの以外)。

12星座の好意(前編)|しいたけオフィシャルブログ「しいたけのブログ」Powered by Ameba

本当にこれなんです。

しいたけ占い曰く、めちゃめちゃ勘が鋭い*1というのもやっぱりそうなのかなと思うんですけど。普段から夫婦間はもとより周囲の人間の感情を感じ取ってしんどくなる*2ことがあるし、そういうのいろいろ本当に人付き合いする上でメリットがないんだけど、まぁその話は置いといて。

本当にまぁかわいいと思っているものに対しての「むひょー」って感情と共に、ステージに立ってる人の感情をなんか感じてしまうことが多い。

ドームで見てても「モニターばっかり見てるな」とか「メンバー見ないな」とか意識してるという感覚ではなくてそう感じてしまうんですね。集中してるかしてないかとか、わかっちゃう気がしてる。

これ女の子のアイドルの場合はもうグループ内でのヒエラルキーみたいのが踊ってるのを見るだけでも見えてきてしまったりして10分やそこらのステージすらしんどい…ってなることがあります。あぁこの子の笑顔はステージに立つ喜びからくるものではないな…というのはすごい伝わる。

いつからか「ステージでのパフォーマンスに誠意がほしい」と普通に言うようになりました。気がついたらそういうステージを欲するようになっていたというか。かつて大倉担としては良いときも悪いときも現状を感じとって楽しんでいたんだけど、もう誠意が感じられるステージを楽しみたい…が勝つようになってしまった。

うまいとかへたとか売れるとか売れないの前に誠意がほしい。

もちろん今でもそのビジュアルさえあれば誠意なんてなくてもいい!それもいい!ってこともあるけど。でもやっぱり誠意がある人のステージの輝き方ってすごいと思うんですよね。グループとしてひとつの方向を見ていたりするの輝き方が全然変わる。そういう輝きに触れると本当に震える感じがあって、それが好きでアイドルを見てるんだと思う。アイドルは特に儚い部分を含めて輝いている人の輝き方はすごい。

 

こいつの書く感想、毎回穿った見方でうるせぇなって思われることも多々あるとは思っているけど、まぁこういう感覚の人もいるんだなって思ってもらえたらいいな、という話でした。 

*1:https://ameblo.jp/shiitake-uranai-desuyo/entry-12251764431.html

*2:公共の場や会社で苛立ってる人の感情の圧に無関係なのに緊張してしんどくなったりとかする

NEWSのつくるNEVERLANDとは

東京ドーム最終公演を見てきて、わりと消化できない部分が大きいので思うままに書きます。

正直、前回がよすぎたというのが率直な感想で、今回は期待を持ちすぎたのかもしれない。

映像・セット・特効、どれも予算が数段上がった感じがあった。というより今回は衣装の予算を少し抑えて特効にふんだんに使ったのかもしれない。オープニングのその華やかさは本当に東京ドームでスタンドから見ていて興奮するものだった。興奮するものを見ているのに、1曲目からペンライトを消灯されるという空しさ。

どうしてそんなに消灯させるのか分からなかった。演出上その光がない方がいいから消すということなんだろうけど、そんなに邪魔なの?という気持ちがどんどん募ってしまった。自分としてはペンライトの光の波はファンが盛り上がりを伝える信号のひとつだと思っていて、だからドームで見るペンライトの波が好きなんだけど、彼らにはそれが不要なものだったらしい。1800円出して購入したペンライトを半分くらいしか光らせてもらえなかったという体感もあり、作りたい世界観にとってそんなに要らないものなら売るのやめればいいのに…と思うくらいだった。

派手な演出なかで、彼ら自身からくる動きは極端に少なかったように感じたのも空しいなと感じた要素。センターステージでJrが舞い、水・火・花火・バルーンと特効が華やかに演出しているなかで、彼らはただ立って歌っているという時間、舞うJr引き連れて歩くだけの時間。4人が集中して踊る時間はあったかどうか思い出せない。踊りを魅せてきた曲がトロッコやクレーンでのお手振り曲になっていた印象がある。

Jrの群舞は去年に引き続き素晴らしかった。黒子としての動きを含めてJrの仕事量がすごかったから、最後にモニターにみんな名前を出してくれて本当によかったと思った。

4つのゲートという区切りによって分けられた構成ではあったけども、それはあくまでもそのパートのメインになる曲の演出上の区切りでしかないもので、セットリストの流れとは?と疑問になるところが多かった。

パッと見の華やかさ、演出の枠組みのなかで、彼らは簡単なパズルと思い思いのソロをやっていた、という感じのしてしまう構成だった。

ひとつになってるNEWSを感じられる時間なんてあっただろうか…

今回は本当にシゲアキ先生のソロが圧倒的に素晴らしくて、震えるほどよかった。

東京ドームの真ん中で叙情的なコンテンポラリーパフォーマンスを魅せる加藤シゲアキという人は、本当にエネルギーに溢れていた。*1

それをMCでいじり倒されるところを含めて最高だった。

時期的なこともあったとはいえ、わたしは手越さんと小山さんの涙には冷めてしまった。かつての秩父宮とは事情が違う。ふたりとも自分の行いが返ってきたものでしょう?っていう気持ちで。

ふたりの涙のおかげもあり、終盤の会場内の空気がひさしぶりに苦手な空気になってた。かつてさくらガールが始まるたびにそこらじゅうからすすり泣きが聞こえてきたようなあの空気。今回はそれをメンバーから仕向けた感じがしてしまった。彼らの目指したNEVERLANDはこういう空気の場所なのかな…?

すごく嫌な言い方をすれば、自分たちの演出上の邪魔だからペンライトは消灯させるけど、涙を流しながらこの道を進むことを誓わせる。なんか制限とか強要が多いな…と感じてしまった。まぁそういう宗教感の強いのが好きな人は好きだよね…とも思ったけど。*2

その制限と強要に、まだ少し自信がないのかな?というか、状況が状況だから自信がなくなってしまったのか、自信をもてるほど4人の気持ちが揃っていなかったのか。

しつこくペンライトについて言って申し訳ないけど、ペンライトの光に負けるような演出じゃないって自信を持ってほしかった。あんな派手でかっこいいレーザー仕込んでんだから自信持ってよ!っていう気持ちだった。

 

本当に去年のNEWSと比べると、4人の見てるものがバラバラに見えたから、15周年に向けて楽しみ!とは言えなくなってしまった。今一度、QUARTTETのBlu-ray見ましょう?なんて。

 

 

余談的な話。

元々増田さんはK-POP好きそうだなぁって思ってたんだけど、昨日のライブ見てて確信になってしまった。多分、多分だけどBTSめっちゃ好きそうだなーーーって思いながらSilent Love見てた。絶対ジミンちゃん好きでしょ?って。本当にSilent Loveは音の作り方がK-POPなので、興味があれば聞いてみてください。*3

*1:なので蜘蛛女のキスを彼にやってほしかったと思ってしまった。

*2:数年間に関ジャニ∞を見ながら思ったことですね

*3:https://youtu.be/v8z1TtlY1no 最初にセンターにいるのがジミンちゃんです