きらきらしたものを集めたい。

主にジャニーズ、たまにアイドル。/絶賛事務所担進行形 → 主にK-POP、たまにジャニーズ、たまーーにアイドルへ移行したみたい。。

SEVENTEENさんのワールドツアーにおける日本公演について思ったいくつかのこと


f:id:pinkslip:20171009192137j:image

10月6日にSEVENTEENさんの初めてのワールドツアーが終わりました。

ソウルの野外で豪雨に始まるも、ホシくんが腸炎で欠席という公演があったり、客席から物が投げ込まれる公演*1もあったけど、中止になる公演もなく全て開催されて終わってよかった。

自分はさいたま2公演に追加して、台湾での公演へ行きました。

10年以上ぶりに海外へ!っていうチャンスをもらえて本当に感謝しています。その辺については、また別で書きたい。本当に台湾大好きになりました。

ソウル、さいたま、香港、台湾の4ヵ国参加した友達に「海外で見るとそれはまた全然違う」と言われていて、単純に距離感の話だと思ってたんだけど、本当に違う姿があっていろいろ感じることがありました。

台湾でのSEVENTEENさんは本当に伸び伸びとはしゃいでいて、いい意味でゆるゆるとしていた。チャイナのふたりはたまに通訳を兼ねていて特に誇らしそうでもあった。

本当に来てくれて嬉しいという歓迎の感情が溢れている客席をニコニコと眺めている姿が印象的です。

あぁきっとジャニーズでいう、収録のない地方アリーナ公演なんだな、という感じでした。ジャニーズでアリーナ公演の遠征したことないから実感ではない。*2

そこで気づけたのは、日本での公演は、SEVENTEENにとって、とても緊張感があるものであるということ。

当たり前なんだけど、デビューもしてない国で、本国より桁ひとつ多いキャパシティの会場で3時間の長さで2公演やるって本当にめちゃめちゃプレッシャーが大きい。ソウル3公演の総括的なセットリストで、なおかつ、日本語詞で歌う曲を増やしていることも大変だったと思う。

デビューをこれからするのか、しないまま続けるのかはわからないけど、何にせよ「日本市場での価値を判断される時期」の公演であることは間違いない。

だから、本当に彼らにとっては楽しいよりも緊張感の方が強いものだと思う。

でも、その緊張感を背負ってステージを作り、公演を出来るということが彼らのすごいところであり、その姿は本当にかっこいい。

彼らのライブを2回連続でWOWOWさんのチームが収録して放送してくれるということは、それだけの価値があると判断してくれているからだと思うし、どのグループでも出来ることではない。

今後の日本公演も、WOWOWさんが撮ってくれることを祈りたい。そういうライブをきっとしてくれる。

 

あと、見る側の気持ちとして、日本に来てくれることは当たり前のように受け止めてしまう部分があるんだけど、台湾へ行った時に「SEVENTEENが台湾に来てくれて本当に嬉しい。他の国からSEVENTEENを見に台湾に来てくれて嬉しい。」というような歓迎の空気であったことがすごくなんか純粋にグッときてしまった。台湾なんて特に日常生活での物価がとても安い。そんな中でチケットは日本円換算で安い席でも10000円以上。日本の物価に置き換えるなら3万円以上の金額のチケットになると思う。半分くらいが海外からの客であったとしても、それでも台湾の子達ももちろんたくさん台湾全土から来ていたわけで、すごいことだ…と思ってしまった。日本の興行の価格の手軽さは世界的に見るとめちゃめちゃ特殊かもしれないということも新鮮な発見。

日本で沢山いろんなライブを見てきて、こんなに純粋な感情で溢れてる客席って体感がない。初心に戻る感覚があったりもしました。本当にいい経験。

 

とにもかくにも、本当にいろんな意味で新鮮で本当に楽しかった。いい経験だった。

まだ韓国で見たことがないので、韓国で見たい。完全なるホームでの姿を見たい。韓国行きたい。*3

 

で、ワールドツアー終わったらもうすぐカムバックですよ。

カムバックに向けて、絶賛新しい展開が公開中です。どんだけ仕込んでんだよ2017年…ってゾクゾクしますね。いやいや、楽しみです。

 
[M/V] SEVENTEEN(세븐틴) _ SVT LEADERS - 'CHANGE UP' - YouTube

*1:携帯とプレゼントのつもりのぬいぐるみ?

*2:リサイタルは違う枠組みだと思うので入れてない

*3:ついでで韓国でカトクグッズ買いたい。

えげつないSEVENTEENのえげつないさいたまスーパーアリーナのお話。

もう1月以上も前、そろそろ2ヶ月になりますね。いい夏の思い出、の話。

 

さいたまスーパーアリーナで、ド平日に2DAYSのライブというだけでかなりのハードルにも関わらず、しかもスタジアムモード???無謀でしょ…って、日本でアイドルのライブの動員状況をある程度知ってる人は思うはず。自分も思った。しかも大学生はテスト期間、2日目は東京ドームで韓国3大事務所のSMエンターテイメント所属アーティストが一同に会するSM TOWN LIVEもある。状況はかなり厳しい。正直、当日会場に入るまで不安だった。メンバーがショック受けたらどうしよう…なんて。

 f:id:pinkslip:20170905082313j:image

現実はこの風景だった。メンバーも言ってたけど、照明を消した時の会場内は本当に白い星がキラキラとしている宇宙みたいだった。

言葉を選ばずに言えば、この動員はえげつないよ。日本でCD出していないグループがこの動員はえげつない。2日間で6万人は少々下駄を履かせすぎだとしても、5万人以上は動員したと思う。2日間入る人が多いから実質は…とは言っても、2日間入りたいと思わせているならそれもすごいことなんだ。

軽く意味わからんな…となるくらいには彼らのライブには人が来る。世に言う一般知名度とこの動員力のギャップはなんなんだ…となります。*1

なんなんだ…と言ってもそれくらいえげつない魅力的な公演をやる力があるからとしか言いようがない。

 今回はワールドツアーなので、初めてSEVENTEENを見る、なんならライブというところに初めて来るという人に楽しんでもらうことをまずテーマに置いたのかな、という感触の構成でした。

何よりトロッコに乗っていろんなところから手を振りながら登場するオープニングというのは、人生で初めてだった。彼らを見慣れている人からすると面白くないオープニングかもしれないけど、「セブチ実在したーーー!!!」というテンションで見れる新規なので楽しかったです。

明るくてキャッチーな楽曲をカラフルな衣装で踊る姿は、大きな会場でもよく映えるし、やっぱりわかりやすい。とにかく楽しくて明るくて個性が溢れる13人だよ!というパートで早々に披露されるタイトル曲たち。

とにもかくにもやっぱり Adore Uはすごい曲だと感動しました。センターステージでアレンジなしで披露してもらえたのは個人的にはとても嬉しい。曲の展開からフォーメーションから明快なサビの人差し指を回す振り付けまで、やっぱり最高のデビュー曲だ…と震える1曲。

Al1からswimming foolが序盤に置かれる。振り付けがやっぱすごい。ソウルでは水があったけど、水がないからより体で表現される波の感じとかすごい。Jam Jamしかり、明るいトーンのパフォチ曲も大好きです。

制服で教室アレンジのマンセからアレンジなしブンブン。アレンジなしブンブンも好きなので嬉しい。

 

そしてVCRからのユニットごとのパフォーマンス。

ここからガラッと空気が変わる。

明るい爽やかなセブチから、ひとつ扉を開けると、ユニットごとの顔。

ボカチはとにかく繊細。そしてとても湿度が高い。蒸し暑いではなくて、しっとりとしていてひんやりとしてる。

まさかメインボーカル2人によるSay Yesを日本で披露してくれるとは…

メインボーカルの歌の力は本当に強い。めちゃめちゃ誠意をもって歌と向き合ってるのが伝わる。その分のしんどさも大きいはず。でも、うまいだけなら多分代わりはいくらでもいるだろうけど、あんなに丁寧に歌と向き合っていける人がふたりメインボーカルとしているということはグループとしての強みだと思う。

で、ヒポチです。

冷静に書こうかなって思ったけど、無理なので、思うままに書きますが、本当に本当に本当に本当に本当にヒポチが好き。

ヒポチがヒポチとしてステージに立つと、13人の時とは別の顔じゃないですか。あの圧倒的なビジュアルに裏付けられた圧倒的なナルシシズム。急にそのナルシシズムに支配されるさいたまスーパーアリーナの大きな空間。降伏するしかない。

ソウルでのピアノパフォーマンスは見れないだろうと思ってたから大興奮してしまった。しっとりと聞き入っていたボカチタイムから突然狂い出すヲタクになってしまい、隣のお姉さんには申し訳ない気持ちになりつつ止められなかったーーー無理ーーーってやつ。

LOTTO聞けたのめちゃめちゃ嬉しくて白い鈍器*2振り回して腱鞘炎になりました。

表情管理くるかな?と期待したらチェッキンで、チェッキンかーーーっていいながらもチェッキン大好き芸人なのでめちゃめちゃ幸せだった。あぁ、本当に、2日目は衣装変えて出てきたのも本当によかった…ヒポチが好き。ヒポチのときの4人が好き。SEVENTEENのなかのヒポチという存在が好き。語彙力がゼロになるくらい興奮しちゃうんですよね。はぁ、ヒポチ好き。

最後にパフォチ。パフォチについては、今回はとにもかくにもMY Iです。さいたまスーパーアリーナのセンターステージへ、2人が歩いていくあの瞬間からもう本当にスッと空気が澄んでいくような、尊い以外に表現が見つからないし、何を言っても陳腐にしかならない。そもそものK-POPグループにおける中国人メンバーのあれやこれやは見識がないから、彼らのMY Iがどれだけ尊いかということは語れない。ただステージに立つのは2人だけだけど、曲にしても、振り付けにしても、関わっているメンバーの思いが本当に美しく昇華されてるということはわかるし、とにかく奇跡だというのはわかる。ふたりとも本当に美しい。

それぞれのユニットを見せてから、やっとDIAMOND EDGEというツアーを感じさせるVCRで前半とは雰囲気の違う13人のステージ。ここからがSEVENTEENの今とこれからという受け止め方をしました。

気がつくと、爽やかで楽しい彼らの魅力からユニットの顔を経て、SEVENTEENの男らしさや色気という魅力を浴びせられてDon't wanna cryで終わる本編。ワールドツアーとして、初めての人に見てもらうにはとてもうまい作り方だと思いました。気がつけば沼の深いところにいる。

そしてアンコールにShining Diamondを置けるという強さ。かっちり踊りきらなくても合わせるところはがっちり合うからすごいんだ。汗の輝くShining Diamondもとてもよかった。そしてhealingが聞けて嬉しかったです。日本語訳が今回もうまいなぁって思いつつ、あの曲のなんか爽やかで明るいけどすごいキューっとくる切ない感じはアンコールにぴったりだ。

本編27曲、アンコール3曲のボリューム感。最後の挨拶*3がちょっと長くなってたのもあって、初日は3時間半くらいの長さ。2日目はぶえみを入れつつも曲をカットすることなく30分くらいタイトに終わらせていたのでその調整力も地味にすごい話。

 

ダラダラと書いてしまったんだけど、とにかく日本公演はソウル3日間の次に濃い公演で、でも大きな舞台装置や大量の特効などの演出なく、ただステージを縦横無尽に彼ら自身が走り、踊り、3時間の公演をやりきる公演力。

最近SHINeeさんの東京ドーム公演を見て、改めてSM ENTERTAINMENTのもつライブ構成や演出のノウハウを感じたところなので、セブチの場合はそういう演出面についてはきっと外からノウハウを持ってくる必要があるだろうなぁと振り返っています。今回は会場の大小がすごいワールドツアーだから、というのは分かっているけど。

彼らのもつ公演力、パフォーマンス力にあう演出力をもつ人がタッグを組んでくれたらものすごいものが見れそうだ…という期待だけ膨らませています。

 

横浜アリーナが終わってから沼にドボンした身としては、初めてのコンサート。

本当に楽しかった。とても濃くて、キラキラした時間だった。ほんと、SEVENTEENってキラキラしてるんですよ…なんだろうなぁあのキラキラ…

 

9月18日にWOWOWさんでさっそくさいたまスーパーアリーナの公演が放送されます。

日本でロケしたバラエティーも放送されます。何故かWOWOWさんがたくさん放送してくれるのも意味わからんよね…WOWOWさんの上層部にCARATちゃんいるよね…

見られる環境の方はぜひ見てみてください。えげつないライブが見られるはず、です。


[TEASER] 2017 SEVENTEEN 1ST WORLD TOUR ‘DIAMOND EDGE’ in JAPAN (WOWOWダイジェスト映像) - YouTube

*1:2月の横浜アリーナ公演のDVDが、日本でのみ販路限定で販売されてそれがオリコンウィークリー1位ってのも、まぁ意味わからん話だと思いますが。

*2:公式ペンライト、カラット棒

*3:よく考えてみればメンバーが1分ずつ喋るだけで13分すごい

加藤シゲアキさんが表現者として拓く道

やっと、録画していた「いのちのうた」を見ました。

BS放送であやめが披露されたというのを見て、それ目当てで地上波放送を予約して、あやめ目当てで再生したのでほぼ本編は見ていません。NHKさんの作るとても真剣にいのちと向き合う番組であることは承知しているのですが、とにかくあやめが見たかったので、あやめを探してスキップや30秒送りを続けていくと「あれ、もう番組終わるじゃん」というところまでいってしまい「まさか」と思ったら最後の最後だった。

とてもとても重いテーマと共に平和といのちと向き合う楽曲で構成された番組の最後に加藤シゲアキのあやめが放送されるということ。

東京ドームのセンターステージで見た気迫とも違う、テレビ用にNHKさんの本気のカメラワークと演出で披露されるあやめ。

ピンスポットのなか床と一体となりながら独白のようにはじまり、立ち上がり群舞を舞い、階段を上り、旗を掲げ、はためかせながら生きていくことを強く誓い、最後の布の擦れる「シュッ」というその音で終わるパフォーマンス。そしてそのまま終わる番組。

あぁ、加藤シゲアキ表現者としてここまでしてもらえるところにきたんだ…って震えてしまった。

 

コンテンポラリーダンスを取り入れた表現をしている人は多分たくさんいると思うし、新しいことではないとは思うけど、彼の世界観は文学的な言葉の世界でもあって、言葉からくる熱量がパフォーマンスに昇華されている。歌がうまいともリズム感がいいともダンスがうまいともいえないけれど、動きのために口パクをすることなどせず、熱量をのせたその言葉たちは強いパフォーマンスになる。

ジャニーズのなかで、NEWSというグループのなかで、加藤シゲアキという人がこの表現に辿り着いて、NHKさんによって素晴らしい演出で放送してもらえるということがすごいことだと思うんです。

加藤シゲアキという人が、ジャニーズのなかで、唯一無二のパフォーマンスをできる人になったということ。

大きな自信でジャニーズ事務所に入ってからたくさんの悔しさや葛藤と挫折のなかで、諦めずに試行錯誤して、イタイとかサムいとかそういう言葉を受けることがあったとしても今の加藤シゲアキのパフォーマンスによる表現はひとつの形として認められるべきもので、認められたからあの番組の最後をあやめで飾られたんだと受け止めていいはず。

 

できることならたくさんの人にあのパフォーマンスを見てほしい。加藤シゲアキから生まれる言葉と動き。そしてJrの群舞。ジャニーズJrってすごいな、とも思ってほしい。*1

加藤シゲアキという人が、ジャニーズの表現の幅を広げる時代がきている。立ち止まらずに、道を拓くことを迷わずに進んでほしい。今のあなたは本当にかっこいい表現者です。

*1:インターネットの大海のどこかには多分います。動画検索をしてください。