きらきらしたものを集めたい。

主にジャニーズ、たまにアイドル。/絶賛事務所担進行形 → 主にK-POP、たまにジャニーズ、たまーーにアイドルへ移行したみたい。。

ハッピーオーラでキュンキュンな日向坂46に誰よりも高く飛んでほしくなった話

けやき坂46ラストライブ×日向坂46デビューカウントダウンライブに行ってきた話です。

 

度々書いているけれど、いま本当にけやき坂46(ひらがなと読んでくれ)に癒されて過ごしている時間が長く、日向坂としてのデビューカウントダウンライブで横アリと発表されてすぐにこれは行くぞと。EMTGは慣れてる*1からいいものの、同行者も予め登録しなきゃいけないというのがジャニーズ以上にめんどくせー*2と思って単騎で乗り込むことに。

 

初めての現場だから作法もわからず…なのに、アリーナ1列めの外周ありで命を落とすのでは??とはなりつつ、オフィシャルキンブレもないので当日FC限定グッズとして販売された華奢なペンラ1本を握りしめていざ開演。横アリに向かう道中、客層があまりにTHEヲタク感がなくて戸惑ったけど、みんなキンブレ操作はバッチリで凄かったなぁ。

 

始まったライブは長濱ねるという存在からはじまった、けやき坂46の軌跡を辿るけやき坂46ラストライブ。冒頭数曲のパフォーマンスのあとにキャプテンから「ちゃんとけやき坂46として最後の挨拶がしたかった」と語られたけれど、本当にけやき坂46としてのヒストリーをパートごとにまとめたVCR*3を挟みながら進むライブ。共に歩いてきた人には道を振り返る形で、自分みたいな新参者には知らなかった道のりを知ることができてよかった。重くしすぎず、軽くしすぎず、ねる離脱の流れからの「それでも歩いてる」ではみーぱんが泣きそうになりながら歌ってたのが印象的だった。

その流れからの2期合流!2期は2期だけで登場して「おいでシャンプー」からというのが最高にテンションがあがってしまった。

2期の爆発的な明るさ、登場した瞬間から本当にハッピーオーラが凄かった。あぁ、このメンバーが選ばれてグループとしての方向性が定まったんだなぁって感じがしてしまった。

「ハッピーオーラ」という曲がやっぱりけやき坂46の明るさを感じられて好きだなぁって思いながら終わったけやき坂46のラストライブ。

そして日向坂46としてのライブへ。

日向坂46としても9曲が披露されて、1期曲・専属モデル選抜以外の全曲が小坂ちゃんのセンター曲という驚き。

けやき坂はセンターを固定させないのが特徴なのかと思っていたので、デビューにあたりそうきたか…ってなったけど、小坂ちゃんのセンターは、とても軽やかでよかった。坂道グループのセンターはどうしても背負うものという妙な重さがある気がしていて、そこに良さもあるけど、重さを感じてしまうと見ていてウッとなる部分もある。小坂ちゃんもめちゃめちゃプレッシャーや責任感を感じているだろうことは間違いないけれど、それを感じさせないような振る舞いをしていたように思う。軽やかで、爽やかで、とてもいいセンターだった。

本編ラストに向かうところでの「JOYFUL LOVE」の多幸感がすごかったのが印象的。

1人だけの3期生、上村ひなのちゃん。とてもふわふわしていたんだけど、物怖じしてなさがすごくて、とても華奢なのに不思議に存在感がある。単純にめちゃめちゃかわいい。

ちなみにわたしの今の推しはパリピこと富田鈴花さん。いつも後ろの端のポジションではありながらすごくすごく楽しそうにパフォーマンスするのが本当に好き。いやでも本当にみんなかわいかったな…

アンコールに「NO WAR in the future」を置くということは、やっぱりこの曲がけやき坂のテーマなんだろうなぁと。初めて聞いたときに歌詞がすごく印象的だった。「やさしくありたいんだ "好き"になってみよう」「戦いを望まない僕たちはここにいると さぁ 声をあげようぜ!」とか、不協和音を起こしてもガラスを割れ!のように戦ってでも居場所を作れ的なストロングスタイルの欅坂46へのアンサーソングなのかなぁって。ただまぁどちらも一応同じ人が作ってるんですけど…

 

これから日向坂46としてデビューをしていくことが純粋に楽しみだし、応援しようって思えたライブで、本当に楽しかった。

 

という感想文を書いていたら、長濱ねる欅坂46卒業というお知らせが…

正直わりとショックを受けている。

けやかけでの長濱ねるさんは、番組をバラエティーとしてちゃんと成立させてくれる人で、彼女がいるから安心して見られるみたいな場面がとても多かった。仙台ロケ争奪クイズの時に、走る守屋さんが解答席に辿り着く直前に正解を答えるというテレビ的な正解をためらいながらも選べる人。だからこそ居心地が悪いと思ってもおかしくないし、だからこそ分かる自分がやらなきゃと思って頑張りすぎてたとしてもおかしくない。けやき坂の独立は関係ないとは思えないけど、いい意味であったらいいなと思う。

 

 

*1:TPDで利用中。アプリ必須だけど分配もしやすくて好きです。

*2:分配は出来るからどうにでもなるといえはなるけど

*3:ナレーションはRe:Mindの先生役の宮川一朗太を起用する素晴らしさ

ひらがなからの独立宣言の前に「ひらがな推し」の話をさせてください。

欅坂46のアンダーグループとしてのけやき坂46から、日向坂46への改名独立、大歓迎です。思わずSHOWROOMを見たくらいには大歓迎です。

 

ただその前に、「ひらがな推し」の話をさせてください。

2019年2月10日のひらがな推しキン肉マン回は神回だったと後生語り継がれるだろう回でした。

ひらがな推しが1番面白くなるのはこういう企画なんだな、と制作側が思ってくれたらいいなと思う。

MCがそこそこ本気のエンジンを掛けてスピード出しても全然ついていけるバラエティー力こそ、ひらがなの強さ。これは他の坂道グループから圧倒的に秀でた強さ。

 

「乃木坂工事中」も「欅って書けない」も、MCに共通しているのは父親目線であること。それが2番組のよさ。

けやかけについては二人とも父親という立場なので、一般的なバラエティーではナシとされるくらいの薄いリアクション、テンションの低さでも「そういうお年頃だからね」と受け入れてくれる土田パパと「嫌われちゃった?」と心配になる澤部パパ。

乃木坂については、日村さんがパパ目線ではないけれどアイドルをタレントとしてというより女の子として扱ってくれるから乃木坂の品を見失わないでいられる気もする。

そういう2番組のMCと比べるとオードリーはとても若い。彼ら自身がまだまだこれからというポジションで、ふたりで進行するMCの番組の経験も多くない。*1だからお父さんのようにメンバーを見てフォローしてあげる余裕はない。でも番組として成り立つのはメンバーの積極性とわかりやすいキャラ立ちがあるから。そしてスタッフ側も定期的にテロップや企画のなかでオードリーのMCとしての未熟なところをどんどんネタにしていくところがいい。どちらもまだまだこれからという自覚と売れたい貪欲さと未熟な部分があるからこそ、ひらがなメンバーとオードリーがお互いにスタッフの笑いを取りに行こうとしていけるところがもう別のベクトルの番組として成り立ってる。

個人的にはそれが本当に面白いと見れるので、ひらがな推しが楽しい。多分、乃木中、けやかけのトーンの番組を望む人にはちょっとしっくり来ないトーンの番組になっている。でも、キン肉マン回を見て確信になったけども、どんどんトーンを離していく方がいい。オードリーとひらがなちゃんにしか作れないめちゃめちゃ前向きでガッツのあるアイドルバラエティーができる。

ひらがなちゃんは本当にキャラをそれぞれがしっかりもっていることがすごい。圧倒的な女子校ノリのキャラ立ち。ぶりっ子選手権は本当にすごい企画で、アイドルのなかで比較的いじりとして悪い方でいじられるぶりっ子キャラ*2をグループ全体で全肯定で競いあう企画にするって画期的だと思っている。かわいい子がかわいこぶることが悪いわけがない。これからもひらがなちゃんの武器としてどんどん使ってほしい。

たまにスナック眞緒で全体収録時には前に出きれないメンバーをひとりひとりフューチャーしてキャラを見せるのもうまいなと思う。井口さんは本人のキャラ立ちもすごいけど、メンバーのキャラを分かりやすく見せることができるのも本当にすごい。

そもそもオードリーが好きという部分も大きいので、オードリーの話も書きたいんだけど、実は春日は深夜に7年もミスコンとかに出るタイプの素人学生を相手にする番組*3のMCをしていたので、ひらがなちゃんとのやり取りにも余裕がある。若い女の子にぞんざいに扱われることにも慣れているし、はいはいと受け流せる。若林はまだまだ力みがあるけど、春日は他の番組よりも余裕がある。なんならキン肉マン企画の進行も大変にスムーズでよかったので定期的に春日進行の回をやってほしい。スナック眞緒にしても同じなんだけど、進行を他の人に任せる方が若林に余裕が生まれるのでツッコミとフォローがちゃんと出来てより面白くなるという気もする。*4

 

日向坂となって、「日向推し」となるのか別の名前になるのかわからないけども、オードリーとの番組は続いてくれたらいいなと思う。このまま続いてくれたら最強のアイドルバラエティーになるはずだから。

 

とりあえず日向坂になってから、はじめて坂道グループのファンクラブに入ってみたので在宅ヲタクから現場に出向くヲタクになる、かもしれない。これからの日向坂46、楽しみにしてます。

*1:なんならはじめてくらい?

*2:乃木坂でいう真夏さんと黒石さんのやつ

*3:学生HERO'S

*4:激レアさんスタイル

「乃木坂46 Artworks だいたいぜんぶ展」にはアイドルのお仕事の夢がめちゃめちゃあった。

ソニーミュージックというレコード会社の本気を見させられたという気持ちで、いろんな気持ちがすごい。整理しないまま書くけど、それくらいの興奮があった。

膨大なアーカイブに入る前に見る導入の映像は、展示の意図と彼女たちのアートワークに関わってきた人の言葉。プロとして名前をもって仕事している人たちからのプロとしての評価。グループに対してとメンバー個人に対して。その映像と言葉だけで、これまでの仕事で双方がきちんとプライドをもって仕事をしてきていることが伝わって泣きそうになってしまう。

作る側の気概と評価を語られた上で、次のフロアに広がる膨大なアーカイブの一部の一部。リリース作品のメインイメージの撮影のアーカイブ、シングル曲に限らず個人MVのための絵コンテやキャラクター設定資料、タイトルロゴのプロトタイプ、ジャケットや外装シュリンク外に貼られる製品シールのデザインの校正…たくさんのシングル・アルバムの中の一部の一部の一番細かいところまで拡大したアーカイブを公開している。乃木坂46という大きなブランドイメージを構成するイメージの最小の1ピクセルの部分を最大限拡大することで、解像度の高さを感じることができる。

何がしかを作る仕事をしている人間にはあのひとつひとつアーカイブに関わる工数がうっすらであれども想像ができる。そこに紐づく人の数、チェックの回数…大きなプロジェクトのなかのプロの仕事だ…としみじみ感じた。自分が日頃会社のなかで仕事をしているなかで、あんな風に改めて工程を展示でするとなったら胸を張って展示できるだろうか…という気持ちになり、心苦しくもなる。

 

地上・地下に関わらず、適当な仕事を女の子達にぶつけている場所もあるなか、乃木坂46を作るオトナ達も、オトナに仕事を依頼される側も、本意気でしかない。

デビューから一貫して、アートワークと衣装に対して本気のクリエイティブで作ってきたからこそ、ちょっとやそっとじゃ揺るがない乃木坂46という芯がありながら柔軟で、清楚でありながらイマドキなグループとしてのブランドが作り上げられたのは間違いがない。いろいろな表情や色をもったかわいい子が最大限に輝いてみえるブランド力。

アイドルという存在は、デビューをする段階では本当に原石であって、プロとは呼べない。プロとは呼べない存在だからこそ、プロの仕事を求めることで成長をできる子は成長をできる。生駒ちゃんの卒業時に乃木中で語った「アイドルは成長過程を見せることがコンテンツのひとつ」という言葉を思い出す。本当に大変だったと思うけど、いい磨かれ方の結晶に感じる。

サラリーマンであっても、雇われている側から自分がどう扱われているかはわかる。扱われ方でモチベーションが変わることは当たり前のこと。どんな業界でも人間としての尊厳を与えられないような労働環境も存在してしまう。アイドルもよくそういう話を見る。乃木坂46は少なくともアートワークにおいて、メンバーをプロとして最大限いきるようにプロとプロでの仕事をしてきたんだと思う。尊厳を与えられ、プロとしての仕事を求められるというのは、とてもアイドルとしては理想的なことだと自分の価値観では思っている。

プロとプロとして高いクリエイティブの仕事をすることで成長を得られることは乃木坂の最大のよさであると同時に、そこに関わることが出来るのは選抜入りするかしないかが大きい。常設劇場があるわけでもないから、選抜入りしなければアンダーとして得られることはとても少ないのかもしれない。そうするとモチベーションは維持するのが難しいし、それはひとつの乃木坂の影かもしれない。もちろん乃木坂も現場や現実にはたくさんの影があるのかもしれないけれど、その影よりも希望を感じることができるのはブランド力だろう。

 

私は、乃木坂の現場に行ったことはない。乃木どこ・乃木中のファンであるとは思うけど、乃木坂のファンではないと思う。ただ、いちアイドルファンとして本当に楽しかった。こんなことしてくれるレコード会社があるということは希望だし、お金があったとしてもこんなことクリエイティブの取り組みをやれないレコード会社が普通だと思う。ハロプロを見ていたときもジャニーズでも「タイトルと写真素材だけ支給されてデザイナー丸投げ感まるだしジャケット」はたくさん見てきた。クリエイティブに対して絶対的にこだわる気持ちがなければ取り組めない。資金と共に時間と労力という投資。

そして、そのこだわってきた蓄積があるからこそ、今回のような展示でお金を回収することができる。クリエイティブに投資をすることでブランド力が高まり、結果的に投資以上の回収ができる。もちろん今回の展示にもお金がかかる。グッズ展開だけでも相当な投資になる。でもそれでいいからクリエイティブを活かすグッズで、という姿勢がクリエイティブへのこだわりの意思表示だろう。

 

私が単純にすごい!という気持ちだけで見れなかったのは、同じソニーミュージック所属の東京パフォーマンスドールを好きだから。

ソニーミュージックの本気はこれか…と、いつも手にして目にしてきたアレやコレやを思いながら泣きそうになったりもした。しかし、こういう大黒柱であるグループがあるからこそ伸び悩もうともグループとしての活動を続けさせてもらえるんだと思うし、本気を出したらここまでできるレコード会社であることを見せつけてもらって心強い。

本当に日本でこういうアイドルの展示会が行われること自体が希望だ。アイドルというビジネスの夢がだいたい全部あった。

期間中に展示内容が変わるらしいので、変わったらまた見に行こうと思う。

 

一応過去の乃木どこのヲタクとしての記録と生駒ちゃんについての話はこちら。