きらきらしたものを集めたい。

主にジャニーズ、たまにアイドル。/絶賛事務所担進行形 → 主にK-POP、たまにジャニーズ、たまーーにアイドルへ移行したみたい。。

「センセイ君主」という映画はオトナに効く映画です。

WOWOWで放送されていたのでセンセイ君主という映画を見てみたんですが、あまりの爽やかな多幸感に感動をして勢いだけでブログを書いている。

ヲタクの早口で息継ぎないトークのテンションで読んでほしい。

原作少女マンガは見てないけれど、コミカルな少女マンガの映像化として、演者のテンション、映像効果、ストーリーのまとめ方、全てが本当に素晴らしかった。

 

浜辺美波ちゃんがとにかくかわいい。とにかくかわいい。多分普段はそんなにテンションが高いわけでもない子があの主人公(とにかく真っ直ぐ正面からエンジン全開でぶつかる空回り系女子)のテンションをやりきるのは本当に大変だ。主人公の親友(ちゃんと彼氏もいながらのゴリゴリ腐女子)もテンションがすごい。川栄は本当にこういう少女マンガ作品における"主人公の親友"役がハマるからすごい。適度に少女マンガ的なかわいさ、ぶりっ子も変顔もしっかりやれる。こういう少女マンガ作品は演者がひとりでもノリきれなければあの作品は本当に寒々しいことになる。

佐藤大樹くんの演技も、初々しさが最高ですよね。かわいいけどちょっと地味めなあの顔とあの不器用でいいヤツな役どころがベストマッチ。あの役の演技にあの不器用さに慣れが見えたらちょっと冷めちゃう。普通にあの不器用な役が本当にハマるいいぎこちなさだった。*1

 

あと何よりこの映画のキャスティングが最高と思ったのは各キャストの身長バランス。少女マンガの世界観を作る上でキャストのスタイルにこだわってくれたであろうキャスティングは本当に素晴らしい。個人的に身長へのこだわりが強いせいかもしれないけど、本当に絶妙だった。

華奢で背が低めの主人公とさほど身長の変わらない親友。その彼氏は低身長で見た目がパッとしないけどいいヤツやらせたら最高峰の矢本くん。その2人より若干背の高い幼なじみ。

憧れのセンセイは顔はもちろんスタイルが圧倒的にいい。憧れのセンセイが幼なじみよりスタイルから見劣りしては少女マンガの世界観としてナシなんですよ。

そして完璧スタイルのセンセイが憧れをもっている幼なじみ(超美人ピアニスト)も役柄にぴったりの新川優愛ちゃん。竹内涼真くんと並んだ時の画が素晴らしい。

そしてそのふたりと並ぶと主人公がちんちくりんに見えることがキャラクターの設定として大切だった。

わりとジャニーズで少女マンガ原作のものをやるとこの身長設定がぐちゃぐちゃになって世界観がキマりきらないことがある印象があって、そういうなかで小瀧さんは本当に少女マンガの世界観にぴったりの人だと思う。白衣の戦士も、中条あやみちゃんと並んだ姿が身長差最高!ってなったので。

 

少女マンガのフィクションの世界を詰め込むために余分なリアリティーはどんどこ排除してくれていたのもよかった。主人公たちの家庭の風景がないことが個人的には評価が高い。家庭のリアリティーなんてなくていい。

 

多分この映画は現実のアレコレに疲れたオトナの方が楽しく見れる気がする。現実の何かに繋がってウッとすることもない。とにかくコメディで健全なファンタジーだ。

とにかく誰も裏切りがない。どこかで地獄の展開が来るわけでもなく、みんな真っ直ぐな人で映画としては終わる。そして性的な描写もない。少女マンガ系のものに描かれる不健康な性的描写が苦手マンには本当に清々しく見られる。

かわいい女の子たちのテンションに笑ってイケメンにキュンキュンするだけの時間、本当に素晴らしいデトックスだった。盤でほしくなるくらい、定期的に接種したくなるデトックス映画だった。

 

竹内涼真、好きだ。

*1:ハイローで演技してるのも知ってるけど、そこでの役もわりと似た感じだしうまい印象はないです。

それでもショーは続く。

わたしはジャニーズ事務所の全てを見てきたわけでもないし、ジャニーさんのことをよく知ってるわけでもない。

それでもジャニーさんが亡くなって、悲しむ人、改めてジャニーさんの功績を讃える人、改めてジャニーさんの功罪を訴える人、いろんな言葉を見ていて、1番ハッとした言葉。

『ジャニーは聖人じゃないけど、性的な興味も侮蔑も本能的な分、その欲望が絶対に女には向かないって、これ以上に少女が安らげる場所は無い。後天的な道徳やお人柄での聖人なんて到底太刀打ちできないような存在なのよジャニーは。』

その通りだと思った。

ジャニーさんの作る世界のなかには女性は基本的にはいない。美しい男の子たちの世界のなかで、ステージの添え物か、男の子たちを産んだ母か、の程度しかない。

女性に対し興味がないから媚びもない。ただ自分の見たいきらきらした男の子たちのショーを作った。だけど女性が男の子たちのきらきらしたショーを共に楽しむことを受け入れてくれてきた。ショーを楽しむには性別も年齢も関係がない。

広義的な意味で女の子にとって、自分たちへの興味関心・下心が微塵もなく、客席で楽しむことは歓迎してくれる。こんな安心で穏やかな場所はない。

ジャニーズの男の子たちは、女の子にとっては素敵なお兄ちゃん、あるいはかわいい弟、母にとっては息子たち。女の子ではなく母でもない"女性"は性的な魅力で全ての人を狂わせる危険なものだから当局が封印をしなくてはならない。ジャニーさん的な感覚はきっと「お兄ちゃん、ガチャ」の世界観が1番近い。

 

ジャニーさんという人は、ショーによって人の心が動かされることへの衝撃を受け、戦争できらきらとした男の子たちが壊されていくことを憎み、それを多くの人に感じて欲しいという強い信念と、ただひたすら好きなもの好きな人へ愛情と時間とお金を本当に惜しまずに注ぎ込んで来たんだと思う。

「こんな僕に声をかけてくれて、人生を変えてくれた」「たくさんの人の人生を変えた」といろいろなメンバーがコメントしていたように、本当に多くの人の人生を変えたと思う。

すごくすごく沢山の人の人生を明るくしたと思うし、沢山の人の人生を暗いものにもしただろう。

欲に対して純粋であることは何よりも強くて残酷。強いから世界を作れる、強いから人を壊せる。

 

ジャニーさんのきらきらした男の子たちへの純粋な欲に対し、ジャニーさんの周囲の人間には純粋な欲がなかった、とは言わないけれど、純粋に欲がジャニーさんの欲とは違っただろう。ジャニーさんの作ってきた影と周辺の人の作ってきた影は性質が違うものだ。

 

しばらくしたらいろいろなものが崩れていきながら新しい形になっていくんだろう。ひとつの組織として、ではなくなるのかもしれないけれど、変化の時代を見れるのもとても興味深い。変化はきっと彼の息子たちにも現れる。父との死別は人生にとって大きな出来事だから。

それでもショーは続く。ジャニーさんに触れてきた沢山の息子たちのなかで生き続けていく。色々な解釈で生き続けていく。ジャニーさんのショーに触れた娘たち・母たちの中でも色々な解釈で生き続けていく。

 

日向坂の強さは齊藤京子と井口眞緒から出来ている。と言い切ってもいい気がする。

日向坂で会いましょうの爆発力についても書きたいことは沢山あるんだけど、今回はHINABINGO!の#8で放送されたドッキリ企画の話。

キャプテンと潮さんが仕掛人で「MCをしてくれてる小籔さんが日向坂のことをあんまりよく思ってないらしい」と言って反応を見るというドッキリ。

仕掛けられたのは丹生ちゃんと東村さんのコンビと齊藤京子井口眞緒のコンビ。「マネージャーから聞いたんだけど」とキャプテンからの話を聞いたとき、前者のコンビはとても素直にショックを受けてしまうけれども後者のコンビは違う。

端から「そんなことないよ!絶対好きだよ!」と、キャプテンの言葉を真っ向から否定する。齊藤京子は「本当に素晴らしい人じゃない?そんな誰かに『あの子らよくないな』って言うような事をする人じゃなくない?」という小籔氏への信頼感を真っ直ぐな目で言う。

「ちょっと収録を重ねて慣れてきちゃったかな」というキャプテンには「そんなことないよ!毎回全力だよ!」と答える井口眞緒。その言葉に「嘘つけ」と言える人は多分いない。確かにいつもやり過ぎるくらいに全力だ。その後も挨拶は?にも全力だよ!と答えて、ふたりとも全く「よく思ってない」を認めない。こんなドッキリ見たことなかった。

らちが明かないのでドッキリでしたーってネタばらししたあとに「これ大成功?ドッキリかかってたかな」って齊藤京子本人が言ってたけど、本当にドッキリとしては成功じゃない。

スタジオの小籔氏が「自己評価高すぎるわ」ってツッコんでたけど、こんな強靭な肯定力を持っているアイドルを見たことがなかった。

日向坂の強さはこのふたりが作ってるんだな、と改めて感動してしまった。

強靭な肯定力。井口眞緒という人のすごさは以前ひらがな推しのスナック眞緒について書いた時にも書いたけど、メンバーの個性をここがすごい!あそこがすごい!と言えるところ。本当にあの力強さで背中を押されてキャラクターが開花したメンバーが沢山いる。そのキャラクターに縛られてしまって悩む子が生まれてしまっているとしたら良い面だけではないかもしれないけど、「わたしはわたしでいいんだ」と楽になった子達が多いと思う。もちろん井口眞緒自身も、当初はダンスも歌も出来ないということに悩んだのかもしれないし、今も番組でどんどん発言しながら着地点を見失ったときは発言の最中から反省していく。あの話をしながら反省するのは特殊技能に近い。

そして齊藤京子はクレイジーという扱いをされる人ではあるけど、「改名したら死ぬ気でやります」と改名発表のときに発言した通り、日向坂になってからアイドルとしての全ての活動において本気で取り組んでいるのが伝わる。自分がここではあざとさを出すべきだと思えば全力であざとくぶりっ子をする。多分、ひらがなの頃はそこまで愛嬌には気を配ってなかった気がするので、本気でアイドルをやる、をしているんだと思う。齊藤京子の本気は、周りと感覚がズレてようともなんだろうと貫く本気(マジ)なのがすごい。あらゆるクレイジーな行動もマジでやってるからすごい。

今の日向坂には「あなたはあなたらしく、わたしはわたしらしく、前を向いて本気で努力していけばいい」という解放感がある。多分、3年のひらがなとしての活動なかで浸透した井口イズムであり、齊藤京子の本気力な気がした。

HINABINGO!の2クール連続放送、本当に嬉しい。7月からも最高のアイドルバラエティーをよろしくお願いします。

ドレミソラシド、2019年夏、最高の1曲だと思います。