きらきらしたものを集めたい。

主にジャニーズ、たまにアイドル。/絶賛事務所担進行形 → 主にK-POP、たまにジャニーズ、たまーーにアイドルへ移行したみたい。。

そして、光輝くSHINeeでした。

どう言葉にしても、多分つらい気持ちの人にはつらいとなってしまうから、配慮なく書きます。

 

とても興味深いから行かせてもらったというのが正直なところでした。ステージに立つという選択をしたなら、それを見たいという気持ち。

仕事で開演後の駆け込みだったので冒頭の冒頭は見れていないけど1曲目の終わりには席に辿り着けて見ることができました。

当たり前だけど去年見たSHINeeの東京ドームとは全く違う温度感で進むコンサート。メンバーの歌声とペンライトの波と静かな嗚咽に包まれる感覚。映像で5人でのパフォーマンスが流れながらパフォーマンスする4人。5人の歌声を聞いてくださいとメンバーのいないステージにはジョンヒョンさんへのメッセージが流れる。

冒頭の時間、わたしは先日COEXで行った、追悼のフロアを思い出していました。静かに悲しみと愛が溢れてる空間。もっと感情的な場になるのかな…と思ってたんですよね。そうじゃなくて、とても静かな空間だった。

 

そこから10分くらいはまるで本編終わりのアンコール待ちのようにSEが流れ、ペンライトが輝いているだけの時間がありました。段々と音量があがり、盛り上げるようなSEになる。

そこから再びはじまるSHINeeのコンサート。去年見たSHINeeのステージはここからだった。なるほど…となりました。

冒頭の時間は追悼の時間。足りない声の、姿の悲しみと向き合いながらステージに立つメンバーと、思う存分泣く時間。そして、少し心が落ち着くまで時間を置いてくれて、それからSHINeeのコンサートという構成だった。

 

そこからのコンサートは本当にかっこよく、明るく、セットはシンプルながら演出もさすがのSHINeeだった。SHINeeのムビステ使いは本当に大胆ですごい。メインとバクステにムビステが配置され、メインのムビステは動きながらムビステの中で高低差を出す。1番かっこよかったのはメインとバクステに2人ずつ立ち、東京ドームのセンターに2つのステージが向かっていく演出。その時の衣装が、本当に4人の個性にあわせたそれぞれのスタイリングで、本当に本当にかっこよかった…最後のLuciferのかっこよさに大興奮して終わる本編。あぁかっこいい!!!楽しい!!!ってニコニコしている。つい1時間前には悲しみを共有する空間だったのに。

コンサートとして切り替えて出てきたメンバーの表情とパフォーマンスに、プロフェッショナル…とたじろいたのもつかの間で、普通にコンサートとして楽しい時間を作ってくれる。

アンコールはまた嗚咽に包まれることになるんだけど、少なくとも本編では間違いなく大多数の人が楽しいと感じる時間を作ってくれた。

 

すごく、すごく、嫌な気持ちになるひともいるかもしれないけど、きっと彼らはステージに立つことを選択すると思ってあのタイミングを選んだのかなと思ってしまった。

とてもつらい選択だけど、決まっている予定を破棄することはしない。どれだけつらくても、待っている人がいる限りステージに立つことを選ぶ。準備とかは本当につらいことの方が多かったかもしれない。でも、このタイミングを逃したらきっとステージに立つことがとても怖くなっただろうと思う。悲しい気持ちも、楽しい気持ちも共有したことで、少しずつでも前を向けるようになったと感じる人が多くいると思う。そして、それはメンバーも同じかもしれない。このタイミングがなければ、もうステージに立つSHINeeが見られなかったかもしれない。

そんなこと考えられてなかったとしたら、巡り合わせというか、そういう運命だったということか…。

もちろん、答えのない推測でしかない。でもそう感じてしまった。

 

ミノさんが「誰よりも強いと思ってました。強くて守れると。でも間違ってました。これからは、みなさんを頼って、もっと身近な存在になります。」と話していたことがすごく印象に残っています。

今はきっと、たくさんの後悔と戦っている。誰一人として自分を責めてほしくないなと思う。難しい話だけど。

 

見終わってから、誘ってくれた友と少し普段はあまりしない話をした。お互いに共通した別れの思い出もあるけれど、当時の受け止め方は全然ちがう。でも、その別れがあって今があるのは確か。

ここであまり死生感について語る気はないけど、たまにそういう話をするということも有意義だと思うんですね。

改めて、自分自身もどう生きているのか、どう生きていくのかを考える機会をもらったという意味でも、あの空間を体感できてよかった。

すごく、抽象的な表現をすれば光と宇宙。宇宙に包まれたとても強い4つの光。

でも、二度と体感したくはないよ。