きらきらしたものを集めたい。

主にジャニーズ、たまにアイドル。/絶賛事務所担進行形 → 主にK-POP、たまにジャニーズ、たまーーにアイドルへ移行したみたい。。

明るい歌口ずさんで心暗くなる人たちが元気を歌うよ。

なんとなくGreat Escapeを最近よく口ずさんでいました。
 

今の関ジャニ∞はパブリックイメージを固定するための言語化の時期なんだろうなということを移籍後に打ち出され続けている「がむしゃら」「前向き」「元気が出る」という分かりやすい言葉で思う。

いつからか嵐さんが、規範のように、平和の象徴のように日本を背負わされる前に、笑顔でハッピーな恋愛を歌うことを徹底された時のような時期。
関ジャニ∞が背負うイメージとして与えられたのが前述の言葉。それが根付くまではこれが続く。
 
そんなことを考えてアルバム聞くまで正直いろいろ覚悟してたんですけど、1曲目のhigh spiritsでもうナメててすみませんみたいな気持ち。インスト曲から始まるアルバムが好きすぎるタイプです。
 
前2作の音楽性の高さにこだわって、難しい楽曲のなかにキャラクターの型にはめ込む笑いに走るヒャダイン曲を入れ込んだりして混沌としていたアルバムよりもずっと分かりやすくてアルバムとしてまとまりがよくて聞きやすいアルバム。
ロキノン楽曲が先行で取り上げられていたのでそっちの方向でまとめられているもんかと思ったら、アイドル感の強いバラードとかブリュレを継ぐような曲とかドゥーワップ的な曲とか。バリンタンもおばロック的なノリに近くて懐かしいタイプの曲な仕上がりでよかった。そぎ落として原点に戻ったようなアルバムで、という言葉をメンバーの誰かが言ってたけどなるほどという感じ。
歌い出しが全員あるのも初めてじゃないかな?と思う。人によってはフワッとしてて危ういんだけど、それがアイドル感があっていい。スペアキーとか横山さんから始まることが最良の選択だと思うし。
何よりアルバムとしての第一声が丸山隆平という時代が来たことが感慨深い。
ベース弾かせてくれと言ったこと、丸ちゃんがやっと音楽の面でも自信がついたんだろうなぁという印象がある。
大倉担としては音楽にも真摯じゃない*1大倉さんの現状はそこそこ悲しくもあるけど。
すごくぜいたくを言えば、High spiritsをメンバーが演奏しているなら、そのままの流れで勝手に仕上がれもメンバーで演奏したものを音源にしてほしかった。そういう曲が増えてほしい。
 
特典については、Aの2つがとてもよかった。どちらも錦戸さんのかわいさが振り切れてる。ヨコヒナで酒飲んでたりそこに丸ちゃんが来て、優しいお兄ちゃんまるだしだったりする場面もよすぎた。Bの運動会の方の、能動的に企画していない時のテリー伊藤の面白くなさは清々しいレベルだけど。個々に興味なさすぎて中途半端に全員に気を使ってバラエティとしても成り立ってない感じで。
とはいえ、どちらとももっといいカメラ使いません?って気持ちですが。
 
ユニット曲については、関ジミ3の曲はちょっと残念。あの感じは5年前くらいに聞きたかった。売れてる自信持って3人とももっとドヤる感じの大人のエロさ出す曲でよかったじゃん??みたいな気持ち。
バナナジュースはすごく好き。これまた錦戸さんのかわいさが横山さんとの兄弟空気で最高に溢れててる。
そして、ひなすばの渇いた花。渇いた花が好きすぎるタイプなので、曲名出たときは正直むむむと思ったけど、聞いたらまぁこれは完敗。ひたすらカッコいい。ずるい。
KINGシリーズはいつまで続くかな…わりと楽曲としては好きではありますけど。
 
Mステのパフォーマンスもとてもよくて、あれはファンがいたからだよなーと思っていますが、ライブへの期待値はちょっとずつ上がってます。
楽しませてくれ!勝手に仕上がらせてくれ!

*1:レンジャーで毎年リハーサル始まらないとドラム触らないから感覚戻るまでに時間がかかるんだけど今年は関ジャムのお陰で調子いい的な発言