きらきらしたものを集めたい。

主にジャニーズ、たまにアイドル。/絶賛事務所担進行形 → 主にK-POP、たまにジャニーズ、たまーーにアイドルへ移行したみたい。。

2013年 アイドル楽曲大賞 箱推し部門

1位グループ名 :いずこねこ

<iframe width="420" height="315" frameborder="0" allowfullscreen="" src="https://youtube.googleapis.com/v/IlngU1ME5F4&amp;source=uds"></iframe><br><a href="http://www.youtube.com/watch?v=IlngU1ME5F4">いずこねこ TIF2013 HOTSTAGE(zepp tokyo) - YouTube</a>

 

 

選考理由 :私の2013年はいずこねことの出会いがすべて!って言っても過言じゃないですよね、真面目に。去年現場復帰して、それこそ現場は女子流とPS2Uの最後とBiSでんぱのイベントぐらい。そんな私がいずこねこさんとの出会いによってたくさんたくさん現場に行くようになりました。去年は年間通して10現場ぐらいな私が、今年はいずこねこで53回、アイドルトータルで60回ちょっと。基本的にはいずこねこの現場に行くだけでも行ききれてないんですが、いずこねこの現場によっていろんなアイドルとも出会えたので、すごく広がった感じがしています。

 

そんな私が夢中になってしまったいずこねこさん、そんな魅力については、過去にAsk.fmでの自分の回答を引用します。

簡潔にお伝えするのが難しいのですが、たくさんの表情を見せてくれることですね。

まずプロデューサーのサクライさんの世界観自体が非常に血の通ったもので、今っぽいサウンドっていう枠には入らないこと。だからいつ聞いてもいずこねこサウンドは色あせないと思います。その独特な世界観を茉里ちゃんが理解して体現するというよりは、茉里ちゃんの世界観で表現をしてくれることが何より魅力的です。で、茉里ちゃん自身が本当にいろんな表情を持ってくれているのですね。1曲の中でもいろいろな顔を見せてくれますし、MCで東京ではちょっと遠慮がちにおしゃべりしたり、大阪ではのほほんと大阪弁でおしゃべりしてくれたり、物販の時の親しみやすさもまた別の表情だと思います。そして、何より真摯ですね。毎回のパフォーマンスは本当に全身で表現をしてくれて、楽しませようとしてくれて、茉里ちゃんも楽しんでくれていて。ラジオのレギュラーのお仕事も、本当にすっかり板についてます。こだわりはあるけど、排他的じゃないし、基本的に人に対して肯定的に茉里ちゃんの真摯な姿勢があるから、飼い主さんもそうかなぁって思うところがあります。

DIYアイドル的な表現をされることもあるんですけど、DIYって基本的には自己満足の世界の物作りだと思うんですね。なので決してDIYとは思いません。もっと人を引き込む世界をつくるアイドルだと思います。\みーんな仲よくいずこねこ/ですから、サクライさんもごんちょく氏もみづきちゃんも、飼い主もみんなで世界作ってるなーて思います。

以上のようなことを真顔で言わせてくれるぐらい魅力があります。

 

いわゆるアイドル像とは、体制的なところで大きく違いますし、好き嫌いははっきり分かれると思います。楽曲としても。でも今のご時世に万人に受け入れられるものじゃなくても、自分のやりたいものを作っていく姿勢と、その内容が個人的な好みにドストライクなのでこれからも最大限に応援していきます。