きらきらしたものを集めたい。

主にジャニーズ、たまにアイドル。/絶賛事務所担進行形 → 主にK-POP、たまにジャニーズ、たまーーにアイドルへ移行したみたい。。

2017 Mnet Asian Music Awards in Japanへ行ってきた話

K-POP界に足を踏み入れてから知る世界のひとつに、アワードというものがあります。その年その年の楽曲、音源、アーティスト、MVなどについて賞を与える授賞式であり、そこでのパフォーマンスは壮大な演出がウリ。

そのアワードを代表するMAMAことMnet Asian Music Awards。例年は香港で開催されていたんですけど、今年はベトナム、日本、香港での開催ということで、これは行くしかない!!!!と行って来ました平日の横浜アリーナ

 スタンド席だったので本当に俯瞰ですが、冒頭からBoAちゃん、BoA曲カバーでTWICEとセブチ、BoAちゃんとミニョンさん…とか本当にうぉーーってなりますね。日本におけるK-POPの祖であるBoAちゃん、ハロヲタ時代から松浦亜弥さんの親友として馴染み深い存在です。今年は本当にプデュの国民プロデューサー代表としての姿が印象的だけど未だにバリバリ現役ですからね…すごいよ。ハローの同期はみんなご隠居だからなおさらすごいなと思う。

で、いろんな方が出演しておりますが、やっぱり日本向けの企画としてIOIとAKB48の共演ですね。

賛否あるようなんですけど、めちゃめちゃ無駄のないいいコラボだったと思うし、AKB側もメディア選抜ではない現場に強いチーム8メンを中心に揃えてたみたいなのでよかったのではないでしょうか。現場環境だけのイメージだけど、チーム8は撮影可現場が多かった*1のでどの瞬間も写真に撮られる可能性があるという緊張感に鍛えられてる気がします。あと、やっぱりAKBは衣装です。大舞台の衣装はやっぱり日本最高峰のクオリティですよ。今回もすごくいい衣装でした。布の量といい、柄といい、ほどよく品よく豪華でよかった。

[2017 MAMA in Japan] AKB48&CHUNG HA&Weki Meki&PRISTIN&fromis_9&Idol School Class 1_IT'S SHOWTIME - YouTube

なんやかんや言っても、日本のアイドルの衣装のフォーマットを変えたのはAKBだし、ビジネススタイルを変えたのもAKBだし、総選挙がPRODUCE 101という番組の着想に繋がってるわけだし、来年はそれを48がまたやるっていうところも秋元康はやっぱすげぇなって思います。一定量叩かれたとしても、一定量より大きな量の一般層はPRODUCE101を知らないだろうし、経済的に動かせる諸々考えたら乗っかる方がいいと考えられるところがやっぱりすごいんだなぁ…*2

 そして前半、会場の空気をグッと変えたのはZICOさんですね。唯一バンドセットでのパフォーマンス。帽子を目深にかぶり鏡に向かって歌い出すANTIの暗くて重厚感あるパフォーマンスからカラフルなダンサーを従え蛍光グリーンの髪の毛を輝かせてのArtistは会場を一気にひとつにしていてかっこよかった。カリスマといわれるのがわかるライブ巧者。KCONで見たBLOCK Bも本当に楽しかったもんなぁ…と次の日はずっとZICOさん聞いてました。

[2017 MAMA in Japan] ZICO_ANTI + Bridge - YouTube

2017MAMA [2017 MAMA in Japan] ZICO_Artist 171129 EP.25 - YouTube

 

で、日本でのMAMAは、本当にPLEDIS感謝祭だった。

SEVENTEEN、PRISTINにNU'EST Wという所属アーティストにアイドル学園という番組からのユニットfromis_9が初披露になったんですけど、これもPLEDISのプロデュース楽曲でした。アニソンにしてほしい楽曲でいい!ってなるし。PLEDISにはPLEDISのクセがあるよなぁって改めて感じる楽曲です。

2017MAMA [2017 MAMA in Japan] fromis_9_INTRO + Glass Shoes 171129 EP.25 - YouTube

で、まぁSEVENTEENさんはなんとまぁNU'EST Wとコラボの楽曲を初披露っていうすごいことしたんですよね。既存曲をコラボじゃなくて完全なる新曲。HEAVENです。

[2017 MAMA in Japan] SEVENTEEN&NU'EST W_HEAVEN

いやいや、いやいや、いやいや、えげつな!!!!ってなりました…こういう世界観、PLEDISのオハコなんだろうなぁと。17人での郡舞で、それぞれの見せ場があって…同じ事務所とはいえ、双方カムバック活動があってこの仕込み…しかもSEVENTEENはフルアルバム作ってこれだし…さすがに振り付けはホシくんじゃないらしいのですが、そこまでやってたらホシくん過労死するよ…

これもまた冷静になれないんですけど、本当に自分の席から1番後ろで踊るミンギュがめちゃめちゃよく見えて、本当にかっこよかったんですよ…あぁこの人進化してる…って以前のWild Eyesの動画*3ではミンギュ見てもあんまかっこよく見えなかったのにもう今のミンギュはこういう振り付けもちゃんと踊れる。踊れるというのも振り付けをこなすだけじゃなくて表現が出来る人になってる…っていうことに魂が抜けそうになります。歌の表現力もついてきて、ポイントでの使われ方がよりインパクトを増す。

f:id:pinkslip:20171203160750j:image

見終わってしばらく放心するくらいにはかっこよかった…

これを日本で披露したことについて本国の方はどう思うのかっていうのはわからないけど、日本でのPLEDISって独特の強さがあるのかもなぁと思います。PLEDIS顔と言われる顔選びもそうなんだけど、日本ウケがいい路線。2次元ヲタに響くという話もそうなんだけど、独特の清純さを感じさせる貞操観念というか。K-POPの世界では男は男らしさを、女の子は女らしさを強調して表現することが多いんだけど、それが少し抑えめな気がします。戦略的というよりセブチは多くのメンバーがナチュラルにシャイに見えるんですけどね。シャイな男の子たちって、韓国ではわりと損をしそうだよな、などと思ったりもするけど、少なくとも自分はそういうところが好きなのもあるので、まぁその辺はまたいつかまとまったら書きたい。

前後しちゃうんですけど、SEVENTEENとしてのパフォーマンスの動画見てるとカチャカチャとした音が入ってるんですよ。多分ジャケットのボタンか手首のベルト部分の何かの当たる音をマイクが拾っちゃってたんだと思うんですけど、衣装って改めて難しいなと思いました。いいジャケットだったけど、音出ちゃうんじゃ歌衣装としてはアウトなわけで。ちゃんとマイク入ってるっていう証拠でもあるのですげーって気持ちでもあります。

[2017 MAMA in Japan] SEVENTEEN_Mansae Rock ver INTRO Perf. + CLAP - YouTube

あとはWANNA ONEですね。体感的にはやっぱり歓声の勢いや若さが圧倒的だった気がします。EnergeticとBurn It Upだったのがめちゃめちゃ嬉しかったです。Burn It Up大好き芸人なので。Energeticもミニョンさんのリアルピアノからという始まり方が最高でした。スタイリングがジャニーズ寄せなのか白でまとめてみんなジャケット系だったのでジャニーズみと共にホストみもあって仲間内でドンペリドンペリ言ってました。本当にピンドンが似合う男カンダニエル。私はWANNA ONEはウジン推しなんですけど、生で見てたらソンウンがめちゃめちゃよかったです。パフォーマンスとして魅せ方が好き。細かいところの表情とか首の入れ方*4が好きだった。ちょっとフワフワしちゃってる子もいるなか、いい気合いを感じました。

 [2017 MAMA in Japan] Wanna One_INTRO Perf. + Energetic - YouTube

[2017 MAMA in Japan] Wanna One_INTRO + Burn It Up Prequel Remix - YouTube

トリはEXO-CBXで、TWICEも楽しかったし、MONSTER Xとセブチの絡みがかわいかったり、本当に3時間くらいとはいえお腹いっぱいで楽しかった!!!!って帰ったわけですが、翌翌日の香港でのMAMAをオンラインで見てて「やっぱりMAMAは香港なんだな…」と思い知らされる感じでした。

まぁ見てほしい、このBTSのイントロから。

[2017 MAMA in Hong Kong] BTS_INTRO Perf. + Not Today

ここから

[2017 MAMA in Hong Kong] BTS_Bridge Perf. + DNA - YouTube

[2017 MAMA in Hong Kong] BTS_BTS Cypher 4 + MIC DROP(Steve Aoki Remix Ver.) - YouTube

と続いていくパフォーマンス。このMAMAステージのための仕込みでこれですよ…意味わからないから…EXOもWANNA ONEもそうだけど、翌日のMelon Music Awardsっていうアワードでもまた別でパフォーマンスしてますから…意味がわからないですよ…*5

MAMAのMICdropを見ながら、MステスーパーライブでのBTSのパフォーマンスを想像してウホウホしています。楽しみですね。

香港のMAMAはすごいんだもうなんか前半のSM TOWNのようなSM所属組のパフォーマンスの圧。なんたって1部からテミンさんがDOORやっちゃうわけです。Mステスーパーライブならまだ若手ジャニーズが出てるくらいの時間帯にこの拘束具という世界観。

[2017 MAMA in Hong Kong] TAEMIN_INTRO + DOOR - YouTube

Red VelvetとNCT127のステージとかも最高で。しかしまぁ、前半のトリにEXOがパフォーマンスして、その後にWANNA ONEBTSというのはいろんな感情になる人もいるんだろうけど、自分としてはそこにSEVENTEENがいないことが少し悔しくもあり、そもそもMAMAの表彰対象にノミネートされるだけでも本当にすごいことなんだよな…という気持ちでもあります。好きなグループがそのステージに立ってる姿を見れるというのは当たり前でなくてそこまで辿り着けないグループもたくさんいる。そして、事務所の大きさを越えてトリを務めたBTSの姿はまさに財閥関係のアレコレで大統領が代わった国の情勢を表すようだ…なんて言ったらまぁ怒られるんだろうけど、何にせよすごいって話。

 

日本でも音楽の日とかFNSとか音楽特番はあるけど、そこに表彰はない。せいぜいレコード大賞になるわけだけど、それもさほど盛り上がりはしないし厳かな雰囲気はあれども演出が派手なわけでもない。そして何より海外でそれをやるという発想はない。MAMAのすごいところは海外でやるということ。国を越えて大きなイベントに作り上げるというところで、KCONもそうなんだけど、海外を巻き込んで自国の音楽のトップのステージを披露するってすごいことだよなぁ…という感想です。

で、お分かりの通りMAMAのパフォーマンスはイントロVCR含めてすぐにオンラインに公式が高画質でアーカイブしてくれる。家にいて週末2日間MAMAのパフォーマンス見続けながら反芻してブログ書くということも出来る。いやぁ、深くて楽しい沼地ですね、本当に在り方が全然違うんだなぁ…

来年はMAMAを体感しに香港にいきたい!と思うし、そこに好きなグループが沢山いてほしい。

 

以下余談ですが、sarahahという匿名メッセージ受け取れるサービスを始めてみました。PC用の表示だとサイドバーにいるんですけど、スマホ用の表示だと出てないかな?

Twitterはこのブログの読者数よりフォロワーがいないのでどうせならとブログ用に作ってみました。

あまり反応を気にして書いてるわけでもないけど、いつも好き勝手書いてるので思うことがあればお気軽にメッセージください。

 Sarahah - pinkslip

 

*1:今もそうなのかはわからないけど、初期はほぼ撮影可のイメージです

*2:実際そういうことでもないかもしれないけど。でもそんな気がするという話

*3:https://youtu.be/25DZo9ANEfU

*4:肩を入れるとか腰を入れるとかいうのと同じような意味合いのつもりですが、首の動かし方のこと

*5:このMMAは私の好きなspring dayをやってくれていてこれもまたいいです。https://youtu.be/N07mHrV3DKE