きらきらしたものを集めたい。

主にジャニーズ、たまにアイドル。/絶賛事務所担進行形 → 主にK-POP、たまにジャニーズ、たまーーにアイドルへ移行したみたい。。

A.B.C-ZさんReboot!!!ウィークリー1位おめでとうございます

2/5のA.B.C-Zデビュー5周年のお渡し会に行ってきました。

ほぼ去年からという感じではあるけど代々木のライブに行ったり、はしパラ行ったり、ちゃんずー見たり、少クラ見たり、えびさんの活動を楽しんでいたわけですが、この度デビュー5周年のイベントとしてポスターお渡し会が開催されるということで、お邪魔させていただきました。

朝7時に高田馬場駅集合でベルサール高田馬場へ。

外で1時間くらい待ってから屋内へ。

Thank Youカードの引き換えをしてからお茶でもするか!なんて構えてたらカードの引き換えからそのままホールへ収用されてしまい戸惑う。PVの流れるなか1時間待ちましたが、初めてReboot!!が流れ終わったあとには自然な拍手。そしてそのままリピートで流れた5starsの終わりのモロのやらかしシーンでドッと笑いが起きる。

そんな1時間を過ごしてからメンバーがスクリーンの前に登壇して軽く前説。

「全員の方とちゃんと、ハイタッチさせていただきます。」という強い意思のある河合くんの言葉に目が覚めると同時に焦る。こちとら眉毛描いただけの素っぴんマスクです…

前説終わってからはブロックごとに解放されてお渡し会の流れへ。

ホールを出たらもう3mくらいでメンバーがいて心の準備もままならぬままご対面。

最初の回は、

河合くん→五関さん→はっしー→戸塚くん→塚ちゃんがお渡し

の流れ。

 河合くんが美しいお顔でにこやかに「ありがとう」って出迎えてくれて「ああありがとうございます」しか言えず。本当に美しいお顔だった。

五関さんの佇まいも「ありがとう」という声も本当に菩薩のような穏やかでブレのない神々しさでまた「ありがとうございます(尊い)」と手をあわせさせていただいた。

そしてはっしーは、前の子達とテンション高く軽く肩をクイクイさせて踊ってるくらいのノリで面食らい、そのままのテンションでグイッと覗きこまれて距離感!てなり「ああぁぁぁ」くらいしか声は出す…「いえーい」とか「ねー」とか「ありがとー」とか何か多分声をかけてもらってたと思うけど処理できておらず無念。

その衝撃まま戸塚くんの前に行ってしまって「来てくれてありがとう」という穏やかなモードの戸塚くんをほぼほぼ受け流すように「ああありがとうございます…」と通ってしまう始末。

お渡し役の塚ちゃんはまだ段取りを掴めてなくて中腰で足を広げてテンパりながらも目をしっかり見て片手で封筒を差し出しつつ、もう片方の手を握手のスタイルで出してくれて「ありがとう!」とそのまま握手をしてくれて「ありがとうございます!」と流れて外へ。

しばらくはっしーの衝撃でヘロヘロとしながら一旦お茶して心を整えました。

本当に、これがジャニーズの接触なの???こんな神対応で大丈夫なの???って友人と話をしていましたが、10時半くらいに2回目の並びに行った頃にはすごい列になっていて、出口から絶えず出てくる人の流れを見ながら「まとまった休憩を取っている様子もないし、2回目はもう高速で目が死んでるだろう」と覚悟しました。

そこそこグロッキーになりつつ16時すぎくらいには2回目の前説。

その時の回では、登壇したときにBGMのReboot!!の冒頭をはっしーと戸塚くんが歌ってくれたり。明らかに疲れは感じられたけど「みなさん全員とハイタッチします。そしてまだまだ待ってくれてる人たちがいるんで。みなさん協力してくださいね。」という河合くんの言葉にまだまだ力があってかっこよかったし疲れたなんて言えねぇよ…という気持ちに。

2順目は、

五関さん→河合くん→はっしー→戸塚くん→塚ちゃんがお渡し

朝と変わらない菩薩のような佇まいで出迎えてくれる五関さん。

友達の声かけにしっかりと答えてくれる河合くん。流れが早かったから本人は聞き取れてなかったけど後ろに並んでたから補完できてよかった。

はっしーはもう動くことなく手をあわせることだけしかしないモードだったけど、こちらとしっかりと口をハムッとさせて目をしっかりみてくれてかわいすぎた。勢いで「好きです!」って言ってしまって恥ずかしくなってしまって、また穏やかな戸塚くんの記憶がほぼない。申し訳ないし情けない。

塚ちゃんはやっぱり中腰で全身を使って封筒を渡してくれて「大事にしてねーー!!」って言う姿には天使の羽が見えるようだった…

 

そんな感じで自分の2回のハイタッチは終わり。16時30分すぎだったと思うので、2回目は6時間の並び。

疲れた…とはいえ、その間もずーーーーーっとメンバーはハイタッチし続けていて、そのあとも笑顔で対応し続けていて、本当に本当にすごい。デビュー5年目、若くないメンバーも多いのに、こんな過酷なイベントをやりきってくれたことに感動しかない。

 

改めてすごく感じたことは、A.B.C-Zのファンの皆さんの穏やかさが本当にすごいということ。

正直、イベント全体として動線・誘導はかなりざっくりだったんですよね。基本的に列というよりブロックで動かされていて、それなりに並び出しより進みに前後がある状況だったので、客層が客層なら声をあげて文句を言う人が出てもおかしくなかったけど、自分の体感でそういう空気を感じたタイミングはなかった。雨が降ってきたときも前後数人で1つの傘で雨をしのいでいる人たちがいたり。そして、待機中の列での会話が静か。グッズ列とかでよくある奇声に近い笑い声とかが聞こえることもなく穏やかに6時間も待てるってすごい。あと、シングルを買うだけだから軽い気持ちで来た人もたくさんいて、あんまり実はA.B.C-Zをよく知らないという人もたくさんいたはずで、それでも「にわかが」とか「えびのこと分かってないクセに」みたいなピリッとした空気を出さないえび担の方々が何よりすごいなと思っていた。わりとなんかイベントに気軽に来ちゃった一般層にピリッとした空気を出すヲタクってありがちな図だと思うんだけど、そういう空気がまるでなかったなぁと思い返しています。

河合くんの前説での言葉からも、彼らはとても仕事に対して真摯に向き合っていて、その真摯さで「みなさんもお願いしますね」と常にファンにもちゃんとすることを求めていることが伝わるし、それが決して嫌なものに感じないくらい彼らはとても真摯にファンを受けとめてくれる。だからあんなに穏やかな空気になるのかな、などと感じています。

とにかく本当に本当に現地でMVもたくさん見て、彼らの笑顔に触れて、彼らのファンの空気に触れて、改めてA.B.C-Zを応援したい!という気持ちになって2回目のハイタッチして1時間も経たないうちにスマホでFC入会しました。ペイジーシステム最高!応援するぞ!!!

 

※グループ名ちゃんと書き直しました…