きらきらしたものを集めたい。

主にジャニーズ、たまにアイドル。/絶賛事務所担進行形 → 主にK-POP、たまにジャニーズ、たまーーにアイドルへ移行したみたい。。

NEWS至上最高のライブを見させていただいた、という気持ち。

めちゃめちゃよかった。めちゃめちゃよかった。めちゃめちゃいいコンサートだった。
QUARTETTEツアーのオーラス、初めてNEWSのコンサートでこんな気持ちになったかもしれない、というくらいずっと「良かったなぁ」と反芻してる。
こんなにコンサートの構成に対して、いろいろ思いを巡らせられることはとても幸せだ。

順を追って書くのが苦手なのでひたすら心に残った部分を書くばかりですが、とにかくゆるゆるとしたMCからのセンターステージでオルゴールを使って時間を戻し、幕が上がる前の演出から再び舞台が始まる。
幕が上がるとオーケストラと西本智実による四銃士の演奏。
この演出だけで、もうちょっと震えるくらいだった。
こんなゲストを連れてくるのは反則気味かもしれないけど、2曲のためにオーケストラと西本さんを呼び、壮大で素晴らしいアレンジで披露しようということがよかった。
楽しくゆるゆるとしていた空気を一変させる仕掛けだった。
こういう空気を一変させるような演出をNEWSがしてくれる日が来るとは…

ここが自分にとっての最高の部分なんだけど、それだけでなく「新しいことをしよう」という意識が高く作られていたことが伝わる演出が多くて、それが特に東京ドームであることを意識されていてよかった。
外周の可動式リフター?に乗る時間を長くとることもよかったと思う。
その時間は花道にJrを配置してくれていたから、アリーナでもおいてけぼりにはならなかった。
I·ZA·NA·I·ZU·KIで照明で柄を出す衣装?を使うことも、新たな可能性としてとてもいいチャレンジだったと思う。現状としてはドームで使うには見え方はどうだったのかな、とは思うけど、この衣装の打ち合わせとかが見たい!って思っているので、DVD発売の際は是非メイキングをいれて欲しい。増田さんによる衣装解説という形でもいい。
あと、ソロ曲については、個人的には小山さんが最高だった。
花魁ジャニーズとしては、亀梨さんに次ぐ存在だと思っているので、Jrを引き連れた花道のお練りは最高の遊女感。花道に提灯を連ねて橋の欄干のようにしたのがとてもよかった。

後半のWonderで見せた炎×花火×レーザーの演出が特に分かりやすいけど、あぁ「増田さんが京セラドームまで行ったことはちゃんと活きてる」と感じられる演出や構成で、これまでのNEWSのコンサートからひとつ上のエンターテイメント性を作ることができたコンサートだったんじゃないかと思う。こんなコンサートを作ってくれるなら、心置きなく毎年ドーム公演を楽しみにできる。

ネタバレ云々については、本人たちの意向にファンが合わせるのは当然だろうなと思う。
ジャニーズの場合、公演直前でもチケットが普通に買える状況はあまりないから「見に行くべき!」という誘い込みはできないし、ネタバレしない方が楽しいと思ってはいる。
目くじらたてる程、目新しいことしているのか、という気持ちもあるけど。
一般的には基本的にワイドショーが扱うのが東京ドーム公演だから、東京ドーム公演終わったらネタバレOKみたいな気持ちではいます。NEWSについては毎回東京ドームがオーラスだから最後までネタバレされないだけかな?みたいな。

NEWSがグループとして、4月からのレギュラーも増え、24時間テレビも待っている。
その状況でグループとしての活動に対して集中力が増してるんだろうなぁと感じられたし、本当によかった。2016年、勝負の年だね。