きらきらしたものを集めたい。

主にジャニーズ、たまにアイドル。/絶賛事務所担進行形 → 主にK-POP、たまにジャニーズ、たまーーにアイドルへ移行したみたい。。

ジャニーズ楽曲大賞2015に投票しました。

いろいろありすぎて前後しちゃったけど、ジャニーズ楽曲大賞2015に投票した内容をメモ的に。

楽曲部門

1位 PARTY MANIACS/ジャニーズWEST
ジャニーズ史に残る1曲でしょう。ゴリッゴリのEDMってやつでしょう。本当にかっこいい。何より素晴らしいのは楽曲としてのかっこよさを活かしきるパフォーマンスとメンバーの歌唱が楽曲に負けないということ。声の元々の個性だけじゃなくて、メンバーそれぞれがポイントでの歌い方を作り込んでくれてるのがいい。風 is a doll?で真安萩みゅで披露してくれたり、まいジャニで総動員な感じで披露してくれたりとJrのなかでの人気も高そう。美勇人さんのキレッキレのダンスは本家よりヤベェ感あったけど、やっぱり本家は生でも歌まで最高なので。5年後くらいにまた見たい。
2位 CANDY MY LOVE/関ジャニ∞

2015年、ジャニーズ史に残るであろうキャンジャニ∞としてのCDリリース。この事だけでもキャンディクラッシュソーダのKINGさんには頭が上がらない。アイドルグループとしてのリリースだからどんな曲が来るのかと思ったら、最高の歌謡曲。あぁこの渋谷すばる全開な歌謡曲がずっと聞きたかったんだ…と多幸感に包まれる最高の1曲。元気が出るLIVEでキャンジャニちゃんが見れて本当によかった。

3位 High Spirits/関ジャニ∞

元気が出るCDの1曲目。票を入れるべきは勝手に仕上がれじゃゃないの?ってなるかもしれないけど、勝手に仕上がれは、メンバー演奏でのハイスピあっての勝手に仕上がれなんですよ…CDでもメンバーの演奏で音源にしてくれてたら仕上がれに票を入れてたけど、CDは丸ちゃんのベースだけなので。ハイスピをメンバーの演奏で音源にしてくれたことは本当にうれしい。インスト曲から始まるアルバム大好きだ。

4位 RAY/KAT-TUN

現場補正が大きい部分もあるけど、本当にかっこいい。ミディアムテンポでかっこいい曲を本当にかっこよく魅せられるのがKAT-TUNって感じがしていて、それのお手本な1曲。それぞれの組み合わせでの繊細なハモりと亀梨さんのキメ。quarterコンでのいろんな色であがる火柱の演出は本当に仕組みが未だに分からないんですけど、とにかくエグいかっこよさで生で見れて本当によかった。

5位 3.1415926535/ジャニーズWEST

でんぱ組かよっていうノリのBPMアゲアゲ系アイドルソング。アゲアゲBPMなんだけど、ちゃんと緩急があって、なおかつ曲として崩壊もしていない。楽曲としてギリギリ最高のバランス。そしてやっぱりこういう曲を歌いきれるボーカル力。まさかコンサートでAメロから生歌でやってくれると思わなかったし、歌いきれないときもあった*1けど、これやるのすごいよ。パフォーマンスとして学ラン眼鏡で作り込んでくるとは思ってなかった*2のもあってめちゃめちゃアガった。イマドキ楽曲をやりこなすという技はジャニーズWESTの武器だなって思う。


CANDY MY LOVE/キャンジャニ∞

ここまできっちり女子ドルとしてきれいに作り込んでPV作ってくれて本当にありがとう!!!!!最高です!!!!贅沢を言えば、ダンスシーンが欲しかったけどまぁそれは贅沢だ。安子としてのスイッチが入ってる安子は本当に表情もポーズも完璧。ただまぁゴツイ。ゴツかわいい。デッドフィッシュアイが極まってる黒髪ビッチな倉子が好きすぎるのでキャンジャニちゃん2016年も期待したい。

未音源化部門

お兄ちゃん、ガチャ/トイ・レイ with お兄ちゃんズ

音源にならなかったことが本当に悲しい。日本音楽史に残る損失!くらいな気持ち。少クラでやるくらい許してもらえないだろうか…って思う名曲。迷曲。岸くんのグイグイ感と宮近のしなやかさとでトイ・レイ最高かよってなるし、お兄ちゃんズは本当にいとおしい。お兄ちゃんガチャ以降、お兄ちゃんズのそれぞれの活動も応援しています。DVDBOXになんでCDつけてくれなかったの…
ドラマとしてもリターンズは無理かもしれないけど、定期的に新しいメンバーでリメイクしてほしい。

現場部門

ジャニーズWEST 1stコンサートツアー「パリピポ」

間違いなくコレ。
横浜アリーナでセンターステージのみ*3でやりきってくれて、本当にジャニーズWESTエグいなって思った。アルバムとしても名盤なので、SCARSとかキミコイとか、もちろんパリマニとか、最高の楽曲をそれぞれ最高の演出でやってくれたので1stツアーでコレって…って震えた。なのにまだDVDが出ていない!!!JEさん!頑張って!!!!

コンビ部門 


あのシャイなお兄ちゃんと構ってちゃんな弟のやりとりのかわいさよ…とにかくエピソードエピソードの錦戸さんのかわいさ。空回るお兄ちゃんへの愛。だけど2人でユニットをやれば2人とも男の色気だだ漏らしで細身の光沢のあるスーツにトランペットとサックス…反則。初披露なのに堂々たる演奏でお兄ちゃんをリードする錦戸さん。最高じゃない?茶目っ気もある歌詞といい本当に最高の1曲。そんなバナナジュースの2人が2015年のコンビ大賞。

自担部門


揺るぎなく大倉忠義。やらかしてくれてる部分も多いんだけど、それが出てくる度に拗らせる大倉さんに対しての愛情。私は「高身長でかっこいいのに作画安定しなくて卑屈で大事なところでキメられない嘘がつききれない女にだらしないめんどくさいナルシスト男」が好きなんですが、大倉忠義が好きだからそんな好みになったのかもしれないと思ったりする今日この頃です。
大倉さんを越えるめんどくさい男なかなかいないし、ジャニーズでここまで人間臭い人に出会える気がしないし、担降りする気がしません。
とはいえ、知れば知るほど菊池風磨という人が好きになっている部分もあって、最近のビジュアルの仕上がり方を含めてかなりキテいるのも、事実です。あんなに愛されてのびのびと育ち、今ものびのびと己の好きなものを追求して、先輩からも後輩からも慕われる子なかなかいないでしょう…好きな人のトレースをしすぎるところも、カッコつけてる時にコケたり天然かましたりするところも、なんていとおしいんでしょう…菊池風磨という存在が尊いな!と今更気づいてしまったわけですね。今更セクシーなゾーンへの目覚め…まぁ大倉さんの残念さ=大好きには足元にも及ばないんですけど!


そんな感じで、2015年はジャニヲタとしての時間をかなり楽しく充実した感じで過ごせていたのに、2015年の年末*4から2016年の1月中旬だけでなんかもういろいろありすぎて頭がパンクしそうですね。
2016年のジャニーズ史は大きく動きそう。
どの所属メンバーもファンも笑って年末を迎えていてほしいと祈るばかり…

*1:1/7横アリ1公演目の桐山氏

*2:トロッコだと思ってた

*3:小島ステージも外周もあるけども

*4:ベストアーティストでのアレ