きらきらしたものを集めたい。

主にジャニーズ、たまにアイドル。/絶賛事務所担進行形 → 主にK-POP、たまにジャニーズ、たまーーにアイドルへ移行したみたい。。

映画「ピンクとグレー」を見てきた話。


f:id:pinkslip:20160117100203j:image
先日、ピンクとグレーを見てきました。
正直「幕開けから62分後の衝撃!」なんていうキャッチコピーなんて野暮だなって思ってましたが、映画を見るとこうするしかないことがわかりました。
通常の宣伝のように、あらすじが追えてしまうレベルで内容を出したら面白くないようなことがたくさんあって、現代日本の映画宣伝のやり方にはハメにくい映画です。
だから、このコピーが現代的な宣伝のやれるギリギリのところなんだと思う。
これじゃ宣伝がしづらいから内容を変えてくれと言われたり、あるいはもっと内容を出さなくては動員できないからと宣伝を変更したりすることを求められてもおかしくないけど、そうしてしまうと見たときに何も面白くないものになります。
動員が落ちるかもしれないけど、最低限のネタバレ宣伝のなかで公開しているのでこの映画は見た人が面白かったという口コミによる動員効果が大事になる気がしました。

だから見て早々に書きますが、面白いです。
少年から青年、そして大人になるなかでの、友情とか、成功とか、挫折とか、人生観とか…
とにかく中島裕翔という人の美しさがとても際立っていたし、菅田将輝の俳優としての力がえげつなかったし…他のキャストの方もとてもよかったです。具体的に書くとそれはそれでまた面白くなくなってしまうから難しいんですけど。

映像表現の仕方として、あれはチープだと感じる人もいるかもしれないけど、それがいわゆる「かつての角川映画」感があるように思いました。
ストーリーにも映像表現にも少し青臭さがあって、そこに心地よさを感じます。
小説のシリーズとして3部作なので、3部作全て映画にしてもらえたらいいなと思いました。
現代角川映画の王道として、加藤シゲアキ原作シリーズがあるような時代がきたらすごいなって。
恥ずかしながら私は原作を読んでなくて、でも映画を見てこれをどう小説として表現していたのか気になったので見終わってそのまま本屋さんへ向かって文庫を買いました。これから読みます。

自分では宣伝効果があるような文章は書けませんが、見て面白いと感じた人がどんどん面白かったと書いて欲しいなと思います。

とはいえ、アイドル中島裕翔像を大事にしている人にはだいぶ打撃を受けるシーンもあると思うので、演技としてでも暴力的、性的なのはムリな人にはおすすめしません。ただまぁ、とてつもなく美しくて透明感のある姿をいろんな表情で残してくれているので、ありがたいなと思います。

個人的には味園ユニバースをうっすら思い出す部分もあったりして、その辺も興味深いので、味園ユニバースを見た人にも見てもらいたいなと思ったりしています。

とりあえず、シゲアキ先生おめでとう!かっこいいぞ!