きらきらしたものを集めたい。

主にジャニーズ、たまにアイドル。/絶賛事務所担進行形 → 主にK-POP、たまにジャニーズ、たまーーにアイドルへ移行したみたい。。

2015年のジャニーズ現場振り返り。


f:id:pinkslip:20151231004216j:image

2015年に参加したジャニーズ現場を書き出してみました。ツアー名とか適当です。
個人的には例年になく現場が多い!多ステが多い!
女子ドルのアレコレに疲れたっていうのもあったけど、ジャニーズに触れている時間がとても多かった1年だった。
狙って多ステしたわけでもなくて、わりと取れたからっていうパターンなんですけど、全体的に席運もよかったかもしれない。
最前!とかはないんだけど、スタンドでも見やすいところ、多ステでいろんな角度からとか、よく見れてよかった。
やっぱりジャニーズWESTが大きい。
テレビでも何でもジャニーズWESTに楽しませてもらう時間がとても多かった。
本当に見れば見るほど、知れば知るほど、面白いしすごいグループ。
現場の満足度の高さがCDの売上の伸び悩み*1に繋がっているのでは?という懸念はあるけど、2016年も攻める気マンマンのブレインの具体的な目標を書かれたなにわぶ誌が30日に読めてよかった。素直に楽しみ。
あとは、YOU&Jの3組の東京ドーム公演を見れたこと。その3組をずっと見てきたから、3組とも同じ東京ドームで、というのはよかった。そこで、素直に言えば1番楽しめたのはKAT-TUN。だからこそ、ほんとつらい。
少年たちでやっとJrメインの公演を見れたことも、とてもいい経験。圧倒的な若さの熱量。発せられるエネルギーが凄かった。
とはいえ担当グループは、やっぱり関ジャニ∞。そして大倉担。
今年の現場は本当に期待値を越えてくれなかったけど、この現状も興味深い。何より2015年末の大倉さんのビジュアルは最高。このビジュアルで来年こそシリアルキラーかどうしようもないバンドマンかヤの字の下っぱをやってほしい。

今年の積み残しは、ジャニワと歌舞伎。どちらも見なくてはジャニヲタとして一人前になれない、みたいな気持ち。本当にいよいよおじいちゃんの肉体と魂が分離してしまう日が近づいているとしか思えないし、見れるうちに出来るかぎりジャニーズのショーイズムを体感したい。いつまでもあると思うな現場と担当…
そんなことを言っていたら2016年の現場をジャニワで始められることになったので楽しみです。
2016年のジャニーズは、今から予想がつかないことだらけだけど、何より2016年をジャニーおじいちゃんが生ききってくれることを祈ります。

*1:伸びてはいるけど、ランキング的な部分で