きらきらしたものを集めたい。

主にジャニーズ、たまにアイドル。/絶賛事務所担進行形 → 主にK-POP、たまにジャニーズ、たまーーにアイドルへ移行したみたい。。

好きな恋愛の歌詞でoverを選ぶ大倉さんが好きすぎる件

先日放送されたback numberさんがゲストの回の関ジャムで、ゲストもふくめそれぞれの好きな恋愛の曲の歌詞を発表するコーナーがあり、そこで大倉さんが選んだのがMr.Childrenのoverの歌詞。
"風邪が伝染るといけないから キスはしないでおこう"って言ってた 考えてみると あの頃から君の態度は違ってた

他の人とは明らかに毛色の違うセレクト。

そこ??って反応されて困る大倉さん。

個人的には最高のセレクト過ぎて深夜に変な声出たパターンです。

元々リアルタイムでAtomic Heart聞きまくってた世代なので、overとか本当にミスチルのなかでも1番好きな類いの曲。

個人的には雨のち晴れ派ですが。

大人になって聞くとこの曲の描写本当にリアルでいいよね。

振られて独りになって鬱々としてる男性の素直な感じでしょ。

かつて大倉さんが語った「1回振られてすごく傷ついたから、それ以来そういう雰囲気がちょっとでもしたら自分から別れるようになった」っていうクズエピソードの、そのまんまの曲だもんね。

どちらかといえば悪い方向での察しのよさがある人に感じるから、この歌詞に共感するの納得出来すぎて本当に最高。

大倉さん、何事も楽しかったときの思い出よりも嫌な思い出ばかりに囚われるタイプなんだろうなぁ。「こんな嫌なことがあった」ばかりカウントしていそう。損な性格!

なにより普通にリアルな歌詞すぎてテレビじゃ突っ込みづらいよね。

渋谷さんが「えっろ」ってツッコんでて、ほんとその通りですよって話。リアルな歌詞すぎるから「そういう経験あったの?」って掘り下げたらすぐサ○ゾーあたりのネタにされちゃうし、真面目なファンもリアルに想像出来てダメージ受けすぎちゃう。

back numberの人のセレクトが、ゆずのサヨナラバスっていう最高に爽やかな青春ソングで、他の誰よりもアイドル感があったのが面白かった。

仕事においては建前トークばっかりなのに、恋愛ネタにおいてアイドルとしての建前トークしない大倉さんのアホさ最高に好きです。

とはいえ村上さん以外はみんな建前セレクトでもなく、本当に好きな歌詞選んできてるんだろうなぁって感じる内容で、それぞれ「それっぽいー」だった。

なかでも横山さんですね。

大倉さんと同じMr.Childrenだけど横山さんはHERO。

でもヒーローになりたい ただ一人君にとっての

わかるーー横山さんのそのセレクトわかるーー

横山さんは現実は現実で重々承知してるけど、それでもキレイゴトの世界を生きようとする感じがすごくある。

同じミスチルでも、陰と陽のセレクト。この5月生まれ長男ズの陰と陽感大好き。

セッションで、back numberの曲を歌う大倉さんがとてもハマっていて、これ絶対カラオケで歌ってるっしょーーこれまで歌ってなかったとしてもこれから歌うっしょーーって感じでとてもよかったです。

またいつかアルバム曲として大倉さんのソロ曲を作る際には、ぜひback numberにお願いしてください。

ドリフェスもちょっと流れたし、KREVAライミング講座も普通に面白かったし、久しぶりに楽しく見れた関ジャムでした。