きらきらしたものを集めたい。

主にジャニーズ、たまにアイドル。/絶賛事務所担進行形 → 主にK-POP、たまにジャニーズ、たまーーにアイドルへ移行したみたい。。

関ジャニズムとは

器用で不器用で必死で不完全で。

笑って泣いて。
本当に誰一人としてアイドルとして手本になる人がいない。
すぐにイキがってみたりプレッシャーに心が折れてみたり華がなかったり。
常に誰かが崩れそうになっていて、でもどんなときも誰かが手を差し伸べて、その手を離さなかったからここまでこれた7人。
こんなに共依存なグループはないんじゃないかなとも思う。
自分も32歳で本当に同世代で、同世代だからこそ、この世代特有のメンヘラ感はすごく共感してしまう部分が大きい。
ずっと自分の外側と内側に違和感を抱えながら、葛藤をしながら生きてる感じ。
今年はずっと10周年と稼ぎ頭のひとつとして事務所に推される立場になってからの立ち回りに四苦八苦してる。
望んでいない変化や大舞台でも、結果を出していかなくちゃいけない。
最近になって後輩のことをすごく気遣い始めたのは、自分たちが次のステージに来たという自覚からだと思う。
まだしっくりきてはいないと思う。
でも一生懸命大丈夫だ大丈夫だって言い聞かせて進んでる。
実際ベストの選択ではないものもあると思うけど、それでもいいよ。
10周年イヤーが終わり来年急激に一定の層が消えて沈む期間があるかもしれないけど、それでまたきっと面白くなる。
面白いことをするんじゃなくて、なんか面白い奴らになるといいな。
 
今回のアルバムもシングル含めいろんな人に楽曲を提供してもらっていて、
RIP SLYMEヒャダイン、若旦那、長瀬智也、高橋優。
そして自分たちで作った曲もある。
わりとストレートにそれぞれの色を出していて、ストレートな楽曲だからこそのグループらしさが出てて好き。ヒャダイン曲は前作がなければ好きだといっただろうけど、前作にこれを重ねてこられても邪魔くさいなって印象。
しかしストレートにRIP SLYMEな楽曲歌いこなすのとかすごいことよ。
でも変に小難しい楽曲とか、らしさを求めて作られた楽曲よりも、普通の楽曲であふれる彼ららしさの方が好きです。
だからココロ空モヨウとかすごい好きだから!すごい好きだから!
今回のアルバム曲としては象が1番好きです。
 
ユニットについては、賛否がすごいけど、賛否が荒れるのはユニット結成から楽曲の決定を含めて経緯を収めてないからじゃないかなって思ってる。
憶測で戦犯決めたりするから荒れるよね。
4曲全部聞いて最終的に1番頭に残るのがKINGだから、なんだかんだ言ってもKINGが勝ちなんだと思う。
 
ホームランな曲がないけどいい具合にまとまってて好きです。
感覚としては大脱走に近い感じ。
パッチほどの世界観じゃないし、FIGHTほどの広がりとキラキラもないし、わりと渋めでもまとまってるからJUKEBOXほどの散らかり方じゃないなーみたいな。
何枚出してもFTOの渋さは超えられないからすごいよね。
1stアルバムが激渋いアイドルなんてなかなかないよ。
 
そんな感じで、関ジャニ∞ニューアルバム「関ジャニズム」絶賛発売中です。
初回盤お悩みであれば個人的には初回Bのユニット曲PVの方をお勧めしますが、
普通な感じなので通常盤初回プレスでユニット曲CDでも十分かと思います。
横山大倉のanan袋とじ的な映像をお求めであればユニット曲PVお勧めします。
ダダすべりいろんなものが全くフィットせずに進む亜空間丸山ワールドを堪能したければ初回Aですが、本当に亜空間で終わるので通好み過ぎるわ。
 
いやー来週からツアーです。楽しみだけど怖い。
初日の出来は期待しないぞっ!