きらきらしたものを集めたい。

主にジャニーズ、たまにアイドル。/絶賛事務所担進行形 → 主にK-POP、たまにジャニーズ、たまーーにアイドルへ移行したみたい。。

成仏できないのはヲタクだけではない。

加護亜依率いるGirls Beat!!のライブを見た。


ガールズビート!! まだ、やれる PV short ver. - YouTube

9/23ウタ娘スーパーライブ2部。

まぁいろいろあったイベントではあるんですけど、とりあえず置いといて。

見たいような見たくないような、の気持ちのまま、Girls Beat!!のライブが始まり、ステージに立つ3人。

センターの加護亜依さんは、かつての”あいぼんのまま”でもなく、よりアイドルとして洗練された加護さんでした。

かつてSSAや横アリで見ていた姿より、もっと女性としてきれいだし、パフォーマンスはアイドルとして高い完成度。

あぁやっぱり素晴らしいアイドルだ…と思うと同時に、こんなところで、こんなステージで見ているということに複雑な気持ちでどうしようもなかった。

MC前は正面を向いているときはカメラを見据え、煽るときも目を合わせるでもなくて、アウェーの場に対しての緊張が感じられた。

ハロプロ時代には感じられなかった緊張感だと思う。

ちゃんと、すごくちゃんとアイドルをしていて、アイドルとして成仏ができなかったんだなってすごく感じた。

つらいっていう気持ちももちろんあったけど、それ以上に、全部分かった上でそれでもアイドルやるってすごい。

もっとお金を稼ぐためなら簡単な手段はある。

そうじゃなくて、アイドルをちゃんとやりたいんだなって思った。

その気持ちはわりと嬉しかった。

ある意味でもうスキャンダルもくそも全部通り過ぎて、なおアイドルとして前線でセンターで戦えるって強い。

成仏できるまで頑張ってほしい。

シングル1000円(税込)1枚で1人とチェキ撮影+ハイタッチというレギュレーションで、やっぱりそれならたくさんの人がチェキを撮るし私も撮った。

 私は神に触ってしまった。話しかけてしまった。

終始はわはわとしてしまったけど、「加護さんが!最初に好きになったアイドルで!」って言って手を握ってしまった。

「ありがとー!」って一言でも、成仏できる感じがした。

あぁ、加護亜依さんと同じ時代に生きていて良かったと思った。

 

とはいえ、グループとしては正統なアイドル感なんだけど、正統なアイドル感な故に大変だとは思う。

でも、だからこそ地方を含め地道に営業していってほしい。

対バンもどんどん出てほしい。

お高く留まらないレギュレーションも、スタッフの方の腰の低さも、もちろん別のところでの資金力があるからのことだと思うけど、それは強み。

焦らず狙わず、正統なやり方で進んでほしい。

「まだ、やれる」