きらきらしたものを集めたい。

主にジャニーズ、たまにアイドル。/絶賛事務所担進行形 → 主にK-POP、たまにジャニーズ、たまーーにアイドルへ移行したみたい。。

2013年 アイドル楽曲大賞 アルバム部門

1位アルバム名/歌手 :なみえて / いずこねこ

ポイント :3

なみえて

選考理由 :いずこねこ1stワンマンライブを収めたライブCD。DVDではなくてCDであることが素晴らしい。DVDもそれはそれでもちろん素晴らしいアイテムだけど、視覚情報の方がどうしても強くて、歌を聴くならやっぱりCD。本当に音だけでその空間をリアルに感じるっていうのはすごく贅沢なパッケージの仕方だと思います。ざわめきからSEが始まり、クラップと共に一気に高まる緊張感と期待感。最近のアイドルの定番のアゲアゲなovertuerではなくて、バイオリンの音色が印象的なSEで、オイオイ迎えてくれたら出て行きやすいであろうに、1stワンマンなのに静かに熱気を帯びていくSEというハードルの高さが恐ろしい。歌いだしの緊張感から、だんだんと緊張が解けて楽し区歌っている様子、落ちサビのケチャで感動している様子、歌声で全て伝わります。アンコールのアコースティックバージョンのlast cat factory、本当に泣けます。最後に号泣の挨拶でほっこりとした後に入る、e.c.i.nがまたいいです。同じところにいることは出来ない後ろ向きなような前向きなような歌詞に明るいメロディー。いずこねこはまだまだ進む。再プレスはしないとこのことなので、店頭で見つけ次第買うべきアイテムです。

 

 

2位アルバム名/歌手 :さくら学院 2012年度 ~My Generation~ / さくら学院

ポイント :2

さくら学院2012年度~My Generation~

選考理由 :大きな事務所さんが本気でアイドルを作ってパッケージングしているというのがさくら学院だと思っています。大きくブレイクさせることよりも、ブランドとして清く正しくかわいい義務教育機関。だから毎年卒業アルバムが出来るという仕組みも私はいいと思います。本当に浄化作用の強いアルバムです。部活動を含めキラキラしか詰まってない。中元すず香というよりSU-METALとしての歌を聞いていたので、この音源で中元すず香としての歌声を改めて聞いていましたが、本当に凛としてストレートでいい声ですよね。これからの中元すず香としての活動にも期待したいんですがどうなるかなぁ…イチ推し曲はもちろん「スリープワンダー」

 

 

3位アルバム名/歌手 :date course / lyrical school

ポイント :1

date course

選考理由 :芽依ちゃんから「はじめはシャッフルせずに順番に聞いてくださいね」と言われた通りに、本当に1枚通してストーリーが繋がっている1枚で、みんなでドライブに出かけるシーン、ひとりで傷心でタクシーに乗るシーンなどの演出があるのも好きです。せっかくアルバムとして出すなら、しっかりコンセプトができている作品の方がいいという主義として、大変好きなアルバムになりました。メンバー変更後に再度録りなおしている楽曲もなじんでいると思います。個人的にリリスクといえば「女の子はハッピーじゃなくちゃって誰かが言ってた!」という1フレーズ。本当にそれを歌っていて似合う。嫌みじゃなくて似合う。女子大生ぐらいのリアリティのある恋愛ソングをこれからも歌ってほしいなぁと思います。ジャケットワークでいえば今年ダントツの仕上がりです。