きらきらしたものを集めたい。

主にジャニーズ、たまにアイドル。/絶賛事務所担進行形 → 主にK-POP、たまにジャニーズ、たまーーにアイドルへ移行したみたい。。

2013年 アイドル楽曲大賞 インディーズ/地方アイドル楽曲部門

この部門、思い入れ強いので果てしなく気持ち悪い内容な前提で読んでください。

 

1位曲名/歌手 :squall cut / いずこねこ

ポイント :3

last summer EP

選考理由 :ずっと今年の1位はENDだと思っていたんですが、初めてイントロ聞いた瞬間のざわめきは忘れないぐらい本当にすごいズバっとツボにきた1曲です。トーンを抑えたイントロからAメロ、Bメロ終盤からの急な変調で弾けるサビ。\にゃんにゃんにゃん♪/や\にゃんにゃにゃんにゃんにゃん♪/を入れられる強み。サビが終わればまた元のトーンにふっと戻すところがまたニクい。このツンデレ猫感ものすごい。これがライブになるとより一層振り幅が出来るからたまらないんですね。この1曲でものすごくたくさんの茉里ちゃんの表情が見れます。イントロからBメロまで本当にクールでかっこいいんです。それがサビでは弾けてて本当にかわいい。でも音源だけでも表現が追いつかないのが悔しいぐらい音がものすっごくカッコいいので、だまされたと思って聞いてくれとしか言えないんだけど、本当にそういう勢いで聞いてみてほしい。イントロからいままでのいずこねこ感とはすこし違うと思う。そして今後REMIXが作られることを期待しています。USYNさーんお願いしまーーす!!!

 

 

2位曲名/歌手 :END / いずこねこ

ポイント :2.5

ROOM EP

選考理由 :個人的な出会いとしての思い入れも大きいけど、とにかく三拍子曲が好きなんです。10代の青春を捧げたバンドにも三拍子曲がありまして、運命感じちゃうよね。抑えたワルツのメロからの強いサビ。サビの歌い上げる茉里ちゃんの声好きです。あんなに歌い上げるメロなのに動きが大きくて強い。初めて見た時にそのインパクトもすごかった。そして歌の一部としての口上。いずこMIXもそうですが、あくまで歌の一部というのが好きです。曲の世界からパっと現実のいずこねこというアイドルの姿が出てきて、また曲の世界に戻る。最後はまたいずこねこというアイドルの言葉で終わる。音源で聞くと最後の口上のところが本当に心がこもっててかわいくてグッときますね。キネマ倶楽部での2ndワンマンで1曲目にENDをやられて本当に号泣っていう思い出も出来てしまいました。

 

 

3位曲名/歌手 :motel / いずこねこ

ポイント :2

選考理由 :曲のすごさについてはキネマ倶楽部で演奏をして頂いたやまだじろうさんのブログ(http://neralt.blogspot.jp/2013/11/motel.html)での解説がすごいのでそちらを読んで頂きつつ、音源としてのこの曲はわりと淡々としていて暗いですね、退廃的というか、あのジャケットの雰囲気ですね。淡々と表現する歌声とその暗さが心地いい1曲なんですけど、淡々としているのに聞けば聞く程ズルズルと中に堕ちて行くような、音の複雑さがすごいです。その辺の仕組みはやまだじろうさんが解説してくれていることですが作っている人の性格が悪い。好きですこういういうコトする人。で、この曲のすごいところはライブですね。初めて見てこのノリについていける人はすごいと思う。まさかイントロからオイオイ声出していくとは思わなかった。BメロのPPPHも複雑なメロディにのせる強引さ。サビはサビで細かく振られたフリがまた複雑。ケミストリーが起きてるという表現をされていることをどこかで読んだんですが、そんな感じはあると思います。伝えきれないので見てもらいたいなぁ、生で。

 

 

4位曲名/歌手 :e.c.i.n / いずこねこ

ポイント :1.5

last summer EP

選考理由 :ささやきMIXでおなじみこちらe.c.i.n。MIXだけど叫ばない。ささやくのに一体感はすごい。いずこねこ楽曲の中ではかなり明るいさわやかなメロディだと思っています。特に鍵盤の音が印象的で個人的には春のイメージが強いです。でももちろん歌詞は決して明るくない。いずこねこ的世界観の真骨頂かなと思います。特にライブで楽しい。ささやきMIXからのBメロでのにゃーいんぐ(いわゆるオーイングのにゃーバージョン)とフリコピ向きなサビ。最後のサビだけクラップで跳ねるのも楽しい。わりとライブの最後に持ってこられる事が多く、この曲で終わると非常にハッピー感が強く終われるのでいいですね。

 

 

5位曲名/歌手 :I☆SSW / みきちゅ

ポイント :1

<iframe width="420" height="315" frameborder="0" allowfullscreen="" src="https://youtube.googleapis.com/v/VGQIk8iLKVk&amp;source=uds"></iframe><br><a href="http://www.youtube.com/watch?v=VGQIk8iLKVk">【アイドル界を動かせるのか!】みきちゅ/ISSW【PV】 - YouTube</a><iframe width="420" height="315" frameborder="0" allowfullscreen="" src="https://youtube.googleapis.com/v/O8H6Pr-kq2A&amp;source=uds"></iframe><br><a href="http://www.youtube.com/watch?v=O8H6Pr-kq2A">【みきちゅ】ISSW【ブトレグ7周年】 - YouTube</a>

選考理由 :仙台在住アイドルシンガソングライターみきちゅです。作詞作曲からグッズ物販ブッキング基本的に全部ひとりでやっているハタチの大学生の女の子です。遠征も大荷物抱えて新幹線で上京してくる。本当に本当にすごい。意味が分からないぐらいすごい。やってる量だけでもすごいのに内容がすごい。「恋愛パズル」「フローズンストロベリー」が鉄板の2曲だとは思いますが初見でも確実にノれる楽曲。年齢問わず楽しく聞いてノれる楽曲を作るセンスすごい。そしてみきちゅMIX。\あーよっしゃみきちゅー!みきちゅ!みきちゅ!みきちゅ!みきちゅ!みきちゅ!みきちゅー!/ですよ。私でも初見で覚えられる!そんな本当に皆を楽しませることが出来るみきちゅが作ったI☆SSWはミディアムテンポな曲。いくらでもノリノリな曲は作れるみきちゅが、あえてこのミディアムテンポに仕上げてることに本気度を感じる。聞き取りやすい歌声でしっかり言葉を伝えてくれるので、毎回歌詞がグッとくる。ライブでのミディアムテンポなのにフロアの熱量が上がって行く感じがすごくいいです。口上もかわいい布で出来たものを掲げてくれるので毎度ほっこりするんです。本当に、今のご時世こんなに気持ちの入ったアイドルソングないですよ。タイトルもIdol SingerSongWriterの略ですから、みきちゅにしか書けない曲。本当にたくさんの人に届いてほしいなと思う1曲です。

 

 

 

以上、インディーズ/地方アイドル楽曲部門なんですが、こちらの部門についての思い入れありすぎて気持ち悪い仕上がりだと自覚しています。

本当にどんだけいるんだ!?って思うし、それがいいことか悪いことかは難しいと思うけど、アイドル楽曲だけでも全然聞ききれない世の中ってすごいなぁってしみじみしています。