きらきらしたものを集めたい。

主にジャニーズ、たまにアイドル。/絶賛事務所担進行形 → 主にK-POP、たまにジャニーズ、たまーーにアイドルへ移行したみたい。。

「追憶 -Single Version- / 大切な言葉」リリース記念サイン会 in SHIBUYA TSUTAYA

<iframe width="560" height="315" src="http://www.youtube.com/embed/DgIw6pDMpK8" frameborder="0" allowfullscreen></iframe>

野音を見て、真摯に応援していこうと決めたので、その第一弾。

6月からの活動休止前にこの1週間で「追憶」のリリイベがまとめられていたんですが、

個人的にはここしかない!でした。この日が1番人が少なそうだったから。

5/22は初日だし思い出の地だから人が多い。

5/24はシングル1枚でメンバー全員とのチェキだから絶対混む。

スピードの緩そうなここで、ちゃんと未夢ちゃんとお話をしたいなーっていう。

相当マジヲタ思考で行ってきました。

あまりにも伝えたいことがたくさんになってしまったので、ガチでお手紙も書きました。

あややにだってファンレター書いたことないのに!

 

前日に見たサイン会のUstで目がまっ赤だったので、勉強もしてるし大変よねーって

思って蒸気のアイマスクを買っていきました。

 

18時からのイベントで18時ちょっとすぎに地下へ。

もうすでに始まっているサイン会を横目にC盤を1枚購入して地下の階段へ。

未夢ちゃんは追憶の衣装でかわいいことかわいいこと。

早かったしその時点での人数は50人もいないぐらいじゃなかったかと思います。

まぁ並びの間も静かなこと静かなこと。紳士的だわぁ。

40分くらいでもう自分の番!

 

封入のジャケットサイズカードはめいてぃんだったので、

ブックレットの未夢ちゃんのところにサインをお願いしました。

 

未夢ちゃんが「ここでいいですか?」と聞いてくれてるところで

私が「日比谷おつかれさま!すっごい楽しかった!」カブせてしゃべっちゃって

後悔するも、ニコニコしながら「ありがとうございます!」と言ってくれたので安心。

「武道館!」と言い出した私に対して、ペンを止めて「もう7か月後なんですー!」

とニコニコしながらも困り顔。

それに対して「すぐだよねぇー」って言ってたら、「○○人は増えるから・・・」って

具体的な数字で言ってきたので驚いたんだけど、そういう具体的な数字で佐竹さんとかに

話をされてるんだろうなぁと、ハッパかけられてるんだろうなぁと。

前日に早速野音のライブUstをやっていて、それを見てくれた友達が「武道館行こう」と

言ってくれた話をして「もっと布教するよ!」って言ったら、

「ほんとですかー!ありがとうございます!」と喜んでくれる未夢ちゃんの横で

佐竹さんも「ありがとうございますありがとうございます」と言ってくれました。

サインを書き終わってブックレットを受け取った後に、

「蒸気のアイマスク、使って―」って渡したんだけど、本当は渡す時に

「テスト勉強も大変でしょ?目が真っ赤だったから、ちゃんと休ませてね」ぐらいの

ことを言う気だったのに全然言えず。

でも「ありがとうございますー^^」って三日月目で受け取ってくれたので満足。

って思って去ろうと手を振ってたら、

佐竹さんが「目がパッチリ大きくなるように使わせていただきます」という一言を。

未夢ちゃんも「そうそうパッチリ^^」って言いながら手でつけまつける的なパチパチ。

「えぇーいまのみゆちゃんの三日月目がかわいいんですから!」って言いたかったけど、

「えぇー、あすぇdrftgyふじこlp・・・」な感じで全くしゃべれないヘタレ。

でもそのやり取りの間に3歩ぐらい歩いてたけどおててフリフリして

「ありがとうございましたー^^」ってまたやってくれたので、幸せよね。

 

ちなみに、前の人の会話ですが、

「休みの間は何するの?」みたいな質問に対して、佐竹さんが

「休みはーないですね。いろいろやります、今までやってないこともいろいろ。」

って感じの返事をしてて、

未夢ちゃんも「休みはないです!」ってプンプンしててかわいかった。

かわいかったけど、もう2ヶ月間の表に出ないイロイロ、大変なんだろうな・・・

 

あとは、渋谷のタワレコへ寄って、8/10のイベント用にA盤を1枚購入。

こっちはフリーライブと握手会。

お盆だし復帰後だし、超混むだろうけど、見ておきたいじゃない!!

 

とりあえず、休止前に伝えたいことは伝えられたのでよかった。

未夢ちゃんはリーダーとしての責任感からすごくプレッシャーを感じてるのが伝わって

切なくなるぐらいだったけど、その思いは成長につながる!!

ファンとしては多く知ってもらうように、

女子流の良さを伝えていかなくてはならぬのです!

 

東京女子流、聞くべし聞くべし!!